ホーム  >  格安SIM  >  ahamo

ahamoの海外利用を解説、データ通信や電話は使える?

最終更新日:

ahamo契約者は、海外においても手続き不要かつ追加料金なしで、データ通信を利用することができます。ahamoの海外サービスは、競合他社と比較しても非常に優れているため、これが理由でahamoを契約する方も多いと聞きます。当記事では、ahamoの海外サービスについて解説しているので、海外渡航時の参考にしてください。

アハモ

申し込み不要、追加料金なしで利用できる

ahamoのデータ通信は、国内外を問わず、月20GBまで利用することができます。例えば当月に国内で3GB使い、その後海外渡航した場合、残りの17GBを海外で使うことができます。

海外渡航前の特別な手続きは不要で、しかも追加料金が発生することも、海外用の料金体系が適用されることもありません。これはとても画期的なことで、大手の競合他社にはない仕組みです。

電話とSMSについて

ahamoは、海外でも国内同様にデータ通信を利用できる大きな強みがある一方で、海外での電話とSMSの利用については、他社と同様に、渡航先の国や地域に応じた料金が適用されます。海外では、発信しても着信しても、支払い負担はこちら側に発生するので注意が必要です。

※電話の着信は、電話に出ない限り、料金が発生することはありません。

【公式】海外で使う(電話・SMS)

海外でデータ通信できるのは15日間

ahamoは、短期の海外旅行にはうってつけのSIMですが、海外赴任や留学など、中長期の海外滞在には向きません。というのも、海外でデータ通信が可能な期間は15日間に制限されているからです。

海外で最初にデータ通信を利用した日(日本時間)を起算日として15日経過後の日本時間0時以降に、海外では通信速度が送受信最大128kbpsとなります。本速度制限は、月間データ容量を追加購入しても日本に帰国しデータ通信を行うまで解除されませんのでご注意ください。

ということで、中長期の海外滞在時は、やはり現地のSIMを購入するのがベストだと思います。なお、電話とSMSについては、15日経過後も変わらず利用できます。

20GB超過後は最大1Mbpsに制限される

月の利用量が国内と海外合わせて20GBを超過した場合、通信速度は送受信最大1Mbpsに制限されます。ただし、国内同様にデータ容量を追加購入すれば速度制限は解除されます。

【公式】ahamoの海外データ通信

データ通信は82か国、電話は200か国で利用可能

ahamoの海外データ通信サービスは、全世界82の国と地域で利用できます。これは、日本人の渡航先の95%をカバーしているそうです。電話とSMSに限れば、200以上の国と地域で利用できます。ちなみに、ドコモ契約者向けの国際ローミングサービス「WORLD WING」は、データ通信についても200以上の国と地域で利用できます。

【公式】WORLD WING

競合他社の海外サービスと比較

格安料金プランを提供する楽天モバイル、LINEMO、povoの海外サービスを見てみましょう。結論から言うと、ahamoのサービス内容が圧倒的に優れています。

楽天モバイル

楽天モバイルでは、全世界66の国と地域で、2GBを上限にデータ通信を利用できます。追加料金や申し込み手続きは不要で、スマホの「データローミング」をオンにするだけで利用できます。ただし、海外でのデータ通信も「データ利用量」としてカウントされるため、例えば、当月の国内データ利用量がゼロだったとしても、海外で2GBを利用すれば、1GBから3GBまでの料金が適用されるため、月額料金は1,078円になります。2GB超過後は、通信速度が最大128Kbpsに制限されますが、1GBにつき500円支払うことで、データ容量を追加できます。

国際通話については、Rakuten Linkアプリを利用した場合、66の国と地域からのみ発着信可能で、その他の地域に関してはWi-Fi接続中の場合のみ発着信が可能です。日本への発信は無料ですが、海外で、Rakuten Linkアプリを利用していない相手からの着信に応答すると、国や地域に応じた料金が発生します。

【公式】海外でつかう | 楽天モバイル

LINEMO

LINEMO契約者は、海外でデータ通信を利用できますが、「世界対応ケータイ」への申し込みが必要なうえ、料金体系についても、「海外パケットし放題」が適用されます。「海外パケットし放題」の料金は1日単位で設定され、1日25MBまでが0円~1,980円、1日25MB以上はどれだけ使っても2,980円です。

なお、新規(MNP除く)でLINEMOを契約した場合、課金開始から4か月経たないと、「世界対応ケータイ」へ加入することができません。

【公式】世界対応ケータイ | LINEMO

povo

povoは今のところ、海外での電話やSMS、データ通信を利用できません。

データローミングの設定手順

海外の渡航先に着いたら、iPhoneの電源を入れるだけで、電話とSMSの発着信が可能になります。データ通信を利用する場合は、iPhoneの設定アプリから「データローミング」をオンにします。

設定手順

iPhoneのホーム画面から[設定]を開いて、[モバイル通信] > [通話のオプション]の順にタップします。

設定

[データローミング]のスイッチをタップしてオンにすると、iPhone上部のステータスバーに4Gや5Gのアイコンが表示され、データ通信が可能になります。

通話のオプション

4Gや5Gのアイコンが表示されない場合、iPhoneを再起動してみてください。

【公式】ahamoの海外データ通信

関連記事

最新情報

格安SIM比較 メニュー



上へ戻る