速度比較:BIGLOBEモバイルタイプA(au回線)vs タイプD(ドコモ回線)

最終更新日:

2017年にKDDIがBIGLOBEを子会社化したことで、BIGLOBEモバイルはKDDIグループの格安SIMサービスとして生まれ変わりました。同年10月からは、au回線を使用した新しいプラン「タイプA」の提供が開始され、これまで提供していたドコモ回線のプランは「タイプD」へと名称が変わりました。

親会社が本家のKDDIということで、タイプAへの期待値はかなり高いと思いますが、実際の通信速度はどれくらいなのか?BIGLOBEモバイルのタイプAとタイプDの通信速度を計測してみました。

計測方法

速度テストアプリ
使用した計測アプリはSpeedtest.net。8時から24時まで毎時間計測。

App Store
App Storeでのアプリのダウンロード時間を計測し、転送速度を割り出しました。ネット利用者が増える8時、12時30分、18時、22時に実施。ダウンロードしたアプリはWeblio英語辞書(35.2または35.1MB)。

Safari
約90KBの画像20枚を挿入したhtmlページ(1.8MB)をSafariで開き、すべてのファイル(cssやジャバスクリプトなど全26個)を読み込むまでの時間を、Safari Webインスペクタを用いて計測しました。ウェブページを開いた際にiPhoneのステータスバーに出る、くるくる回っているアイコンが消えるまでの時間です。

計測した時間帯は8時、10時、12時30分、15時、18時、20時、22時。それぞれ3回ずつ都度キャッシュを削除して計測し、数値の近い2つを採用。ウェブページの読み込みに関しては、複数のファイルの読み込みが同時進行で行われるのに加えて、サーバーとの通信回数、反応速度など諸々のことが関わってくるため、データの転送速度を表す単位であるbpsではなく、読み込みに要した時間を記載しました。

使用端末、計測日、計測場所

使用した端末とSIMの組み合わせは以下の通り。

・タイプA(au回線):iPhone 7(ソフトバンク版SIMロック解除)

・タイプD(ドコモ回線):iPhone SE(SIMフリー版)

計測日:2020年4月9日(木)
計測場所:愛知県名古屋市中区栄

計測結果

速度テストアプリのダウンロード速度

※ 速度の単位はMbps。

時刻

タイプA

タイプD

8時

29.74

4.90

9時

68.10

23.82

10時

45.21

12.25

11時

35.73

23.45

12時30分

4.01

2.42

13時

4.13

4.79

14時

21.04

13.13

15時

31.64

19.62

16時

20.44

12.86

17時

28.27

5.26

18時

5.78

4.76

19時

28.76

5.27

20時

26.23

5.33

21時

16.21

5.39

22時

28.08

17.89

23時

20.55

17.77

24時

37.08

16.01

平均

26.53

11.47

タイプAが10Mbpsを下回ったのは、ネット利用者が増える12時30分、13時、18時のみ。格安SIMとしては満点に近い数値です。一方、タイプDのほうは、12時30分と18時の時間帯においてもそこそこの速度がでており、こちらも格安SIMとしては良好な結果が出ました。

App Storeでのダウンロード速度

ダウンロードしたアプリ:Weblio英語辞書
アプリのサイズ:38.5MB
※ 速度の単位はMbps。

時刻

タイプA

タイプD

8時

38.5(8秒)

5.92(52秒)

12時30分

4.34(1分11秒)

2.96(1分44秒)

18時

30.8(10秒)

5.92(52秒)

22時

38.5(8秒)

5.92(52秒)

App Storeにおけるアプリのダウンロード速度については、タイプAは文句なし、タイプDはタイプAと比べると見劣りするものの、格安SIMでこれだけの速度が出れば合格点です。

Safari ウェブページの読み込み速度

時刻

タイプA

タイプD

8時

2.25秒

2.72秒

2.14秒

2.57秒

10時

2.14秒

1.95秒

2.11秒

1.89秒

12時30分

3.52秒

9.41秒

3.09秒

8.42秒

15時

2.14秒

1.95秒

2.54秒

2.31秒

18時

2.24秒

2.69秒

2.16秒

2.76秒

20時

2.07秒

2.63秒

2.17秒

2.49秒

22時

2.08秒

2.1秒

2.16秒

2.38秒

ウェブサイトの読み込み速度については、タイプA、タイプDともに12時30分を除けば、キャリア並みに高速でした。

速度テストのまとめと評価

BIGLOBEモバイル タイプA
タイプAの速度は、格安SIMの中ではトップクラスです。au回線の格安SIMを選ぶ際、昼時でも速度が落ちないUQモバイルを第一候補にすべきだと思いますが、料金プランが合わないなどする場合、BIGLOBEモバイルタイプAは候補の筆頭に来ると思います。やはり、運営母体が本家KDDIというのは心強いです。

BIGLOBEモバイル(タイプA):速度テスト結果の詳細

ちなみに、今回の速度テスト結果は、少なからず新型コロナウイルスの影響があったと思います。速度テストを実施した場所はオフィスビルが立ち並ぶエリアなので、この地域のネット利用者は間違いなく普段より少なかったはずです。特に、12時30分のテスト結果にその影響が顕著に出ていたと思います。今回の12時30分の速度は出来すぎです。

ということで、BIGLOBEモバイルの過去の速度テスト結果にも目を通しておくと良いかと思います。

BIGLOBEモバイル タイプD
タイプDの最大の欠点は、平日昼休みの時間帯の速度が遅いことです。その問題が気にならないのであれば、BIGLOBEモバイルタイプDを選ぶ価値は十分にあると思います。なお、今回の12時30分の速度は、前述した理由により普段よりかなり速かったです。

BIGLOBEモバイル(タイプD):速度テスト結果の詳細

サービス・機能比較

iPhone動作確認済み機種

端末名

タイプA

タイプD

11 Pro Max

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

11 Pro

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

11

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

XR

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

XS Max

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

XS

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

X

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

8 Plus

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

8

SIMフリー/au

SIMフリー/ドコモ

7 Plus

SIMフリー

SIMフリー/ドコモ

7

SIMフリー/BIGLOBE

SIMフリー/ドコモ

SE

SIMフリー/BIGLOBE

SIMフリー/ドコモ

6s

SIMフリー/BIGLOBE

SIMフリー/ドコモ

6s Plus

SIMフリー

SIMフリー/ドコモ

6

SIMフリー

SIMフリー/ドコモ

6 Plus

SIMフリー

SIMフリー/ドコモ

5s

-

SIMフリー/ドコモ

5c

-

ドコモ

5

-

SIMフリー

4s

-

SIMフリー

- BIGLOBEモバイル タイプA
auで購入したiPhoneをタイプAで使うには、基本的にSIMロック解除が必要です。ただし、総務省の新ガイドラインに基づき2017年8月1日以降に発売された端末に関しては、MVNO向けのSIMロックが廃止されたため、SIMロック解除が不要です。

また、BIGLOBEモバイルが販売するiPhoneは、タイプAの回線契約が必要でSIMロックもかかっていますが、SIMロック解除は可能です。

- BIGLOBEモバイル タイプD
ドコモ回線のタイプDは、iPhone 4s以降の機種で動作確認が取れています。

テザリングが使えるiPhoneの機種

以前はタイプAでテザリングが可能な端末は限られていましたが、今はiPhone 6以降の機種でテザリングが可能です。

iPhone機種別テザリングの可否

端末名

タイプA

タイプD

XR

XS Max

XS

X

8 Plus

8

7 Plus

7

SE

6s

6s Plus

6

6 Plus

5s

-

5c

-

5

-

4s

-

APN設定が不要な機種とキャリアロゴの表示

通常、iPhoneで格安SIMを使うには、各社が提供するAPN構成プロファイルをiPhoneにインストールする必要がありますが、BIGLOBEモバイルのタイプAでは、iPhone 7 / 7 Plus、iPhone 6s / 6s Plus、SEにおいて、プロファイルのインストールは不要です。SIMカードをiPhoneに挿入するだけでデータ通信が可能となります。複数のSIMカードを使い分けている方にとっては手間が省けるので、大きなメリットになると思います。

さらに、APNの設定が不要なこれらの機種では、ステータスバーのキャリアロゴが「BIGLOBE」と表示されます。これこそ、KDDIを親会社に持つからこそなせる技と言えます。

タイプAはiPhoneの一部モデルでAPN設定が不要

通信の最適化について

BIGLOBEモバイルは、画像表示速度の向上と通信容量の節約につながるように、通信の最適化を行っています。具体的には、ウェブサイトをブラウザで表示する際、画像サイズを半分程度に落としてダウンロードしています。こうすることで、サイトの表示速度が著しく速くなる一方で、画像の見た目は劣化します。これを避けるために、BIGLOBEモバイルは「通信の最適化解除用APN」も提供しています。

とはいえ、当サイトのようにURLがhttpsで始まるサイトでは、最適化は行われません。

通信の最適化解除用APN

キャンペーン

音声通話SIMが1,600円 x 6ヵ月間無料
ウェブまたは電話で新規に音声通話SIM3ギガ以上のプランを申し込むと、月額料金を合計9,600円(1,600円 x 6ヵ月)割引

エンタメフリー・オプション最大6ヵ月間無料
音声通話SIM3ギガ以上のプランを申し込むと、エンタメフリー・オプションが6ヵ月間無料。

【公式】BIGLOBEモバイル

関連記事

最新情報

速度テスト 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る