速度制限時(1Mbps)の速度比較:ワイモバイル vs UQモバイル

最終更新日:

ワイモバイルのスマホベーシックプランM/RとUQモバイルのスマホプランRでは、速度制限時の速度が1Mbps出る仕様になっています。たとえ手持ちのデータ容量を使い切っても、1Mbpsの速度が出るとなると、普段のスマホの使い方にも少なくない影響が及ぶと思います。

そこで今回は、両者の速度制限時の実測値を調べるべく、速度テストアプリ、App Store、Safariを用いて、それぞれの速度を計測してみました。格安SIM選びの参考にしてください。

ワイモバイルのスマホベーシックプランを解説

UQモバイルのスマホプランを解説

計測方法

速度テストアプリ
使用した計測アプリはSpeedtest.net。8時から24時まで毎時間計測。

App Store
App Storeでのアプリのダウンロード時間を計測し、転送速度を割り出しました。ネット利用者が増える8時、12時30分、18時、22時に実施。。

Safari
約90KBの画像20枚を挿入したhtmlページ(1.8MB)をSafariで開き、すべてのファイル(cssやジャバスクリプトなど全26個)を読み込むまでの時間を、Safari Webインスペクタを用いて計測しました。ウェブページを開いた際にiPhoneのステータスバーに出る、くるくる回っているアイコンが消えるまでの時間です。

計測した時間帯は8時、12時30分、18時、22時。それぞれ3回ずつ都度キャッシュを削除して計測し、数値の近い2つを採用。ウェブページの読み込みに関しては、複数のファイルの読み込みが同時進行で行われるのに加えて、サーバーとの通信回数など諸々のことが関わってくるため、データの転送速度を表す単位であるbpsではなく、読み込みに要した時間を記載しました。

使用端末、計測日、計測場所

使用した端末は以下の通り。

・ワイモバイル:iPhone SE 第2世代(ワイモバイルSIMロック版)

・UQモバイル:iPhone SE第2世代(UQモバイルSIMロック版)

計測日:2020年10月28日(水)
計測場所:愛知県名古屋市中区栄

計測結果

速度テストアプリのダウンロード速度

時刻

ワイモバイル

UQモバイル

8時

1.00

0.98

9時

1.02

0.98

10時

1.01

1.00

11時

1.02

1.01

12時30分

0.95

1.02

13時

0.98

1.00

14時

1.00

0.99

15時

1.00

0.98

16時

1.02

0.98

17時

0.99

1.00

18時

1.00

0.99

19時

0.96

0.98

20時

1.00

0.99

21時

0.98

0.99

22時

0.98

1.03

23時

0.94

1.03

24時

1.00

0.95

※ 速度の単位はMbps。

速度テストアプリの速度結果は、公式の案内の通り、両者ともにほぼ1Mbpsでした。多くの格安SIMが1Mbpsを下回る平日昼の時間においても1Mbps出ていたので、速度制限時の速度としては、かなり優秀と言えます。

ワイモバイル:速度テスト結果の詳細

UQモバイル:速度テスト結果の詳細

App Storeでのダウンロード速度

ダウンロードしたアプリ:ソフトバンクWi-Fiスポット
アプリのサイズ:15.7MB

時刻

ワイモバイル

UQモバイル

8時

1.5(1分24秒)

1.57(1分20秒)

12時30分

1.51(1分23秒)

1.59(1分19秒)

18時

1.51(1分23秒)

1.59(1分19秒)

22時

1.5(1分24秒)

1.59(1分19秒)

※ 速度の単位はMbps。

App Storeでのアプリのダウンロード速度については、両者ともに約1.5Mbps出ていました。ダウンロードしたアプリのサイズは15.7MBと、かなり小さめのアプリ。これで約1分20秒かかったので、通常サイズのアプリをダウンロードするには、3~10分くらいはみておくと良いと思います。

Safari ウェブページの読み込み速度

時刻

ワイモバイル

UQモバイル

8時

17.88秒

20.74秒

17.51秒

20.45秒

12時30分

21.57秒

26.78秒

17.52秒

21.16秒

18時

18.37秒

14.04秒

20.1秒

18.5秒

22時

17.87秒

18.02秒

18.83秒

19.85秒

ウェブページの読み込みテストは、これまた両者で差はほとんどみられませんでした。上記表の数値はこのページのすべてのファイルを読み込むのに要した時間です。画面に表示されていない画像やファイル等を含めたすべてのファイルの読み込み時間なので、スマホの画面に収まる範囲の表示(ファーストビュー)に要する時間は、上記表の数値よりも圧倒的に短縮されます。

ウィキペディアのようなテキストを中心に構成されているのサイトなら、速度制限時でも普通に閲覧できますが、画像が多く使われているサイトなどでは、やはりかなりのもたつきを感じます、1Mbpsの実際の使用感は、以下の記事で様々なテストをしているので、参考にしてみてください。

ドコモのギガホ、30GB超過時の速度(1Mbps)でできること、できないこと

「節約モード」の有無

ワイモバイルとUQモバイルの速度制限時の実測値は、ほぼ同じと見てよさそうです。ただ、UQモバイルが手動で低速に切り替える「節約モード」を実装しているのに対し、ワイモバイルは節約モードに相当する機能を有していません。節約モードは、例えば、YouTubeなどの動画を頻繁に視聴する方や、動画を再生しっぱなしにしておきたい方にとって、欠かせない機能です。

ワイモバイルとUQモバイルのどちらにしようか迷っている方は、この点も踏まえて判断するようにしてください。ちなみに、高速時の速度は、両者ともに速いものの、ワイモバイルの方がより速いです。

速度比較:ワイモバイル vs UQモバイル

キャッシュバックと割引

UQモバイル

■最大10,000円キャッシュバック
UQ mobileオンラインショップからSIMカードを申し込むと、他社からの乗り換え(MNP)で10,000円、新規契約で3,000円のキャッシュバックがもらえます。ただし、キャッシュバックがもらえるのは、SIMカード単体の申し込みに限られるため、iPhoneを含むスマホの購入を伴う申し込みは、キャッシュバックの対象外となります。

実は3種類あるUQモバイルのキャッシュバック・キャンペーンを解説

■ギガMAX月割でずっと月額500円割引
ギガMAX月割は、UQモバイルのスマホプランとUQ WiMAXを同一名義で契約する方を対象に、UQモバイルの月額料金をずっと500円割引するキャンペーンです。UQモバイルとUQ WiMAXを同時に申し込みされる方は、オンラインショップでの申し込み時に、「ギガMAX月割」を選択して、手続きを進めてください。

■UQ家族割
家族で申し込む場合や1人で複数回線に申し込む場合、2回線目以降の月額料金が最大9回線まで500円割引。

ワイモバイル

■契約事務手数料が無料
Y!mobileオンラインストアから申し込むと、実店舗で3,000円(税抜き)かかる契約事務手数料が無料。

■最大6,000円分のPayPayボーナス還元
Y!mobileオンラインストアから新規契約またはMNPでSIMカード単体を申し込むと、6,000円分のPayPayボーナス還元。

■SIMカードの申し込みで最大14,000円のPayPayボーナスライト
ヤフーが運営するY!mobileオンラインストアからSIMカード単体を申し込むと、MNPで最大14,000円分、新規で最大10,700円分のPayPayボーナスライト還元。

ワイモバイルとヤフーモバイルの違い

■SIM+スマホ購入で最大8,555円のPayPayボーナスライト
ヤフーが運営するY!mobileオンラインストアから対象機種を申し込むと、MNPまたは新規で最大8,555円分、機種変更で最大2,555円分のPayPayボーナスライト還元。

■家族割引サービス
家族で申し込む場合や1人で複数回線に申し込む場合、2回線目以降の月額料金が最大9回線まで500円割引。

■おうち割 光セット(A)
「SoftBank 光」または「SoftBank Air」とワイモバイルをセットで利用すると、ワイモバイルの月額料金が毎月500円割引。

ワイモバイルとヤフーモバイルの最新キャンペーン情報

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る