b-mobile:サービスの詳細と特徴

最終更新日:
bmobile

ソフトバンクのiPhone・iPadがSIMロック解除なしで使える「b-mobile S」が人気。月額500円で5分かけ放題を付けることも可能。

b-mobile Sの概要

Softbank回線

定額プラン

Wi-Fiスポット

x

データ量繰り越し

x

iOS 13対応

従量プラン

データシェア

x

セット販売端末

x

低速モード

x

3日間制限

x

データ量追加

x

かけ放題プラン

b-mobileの特徴

  • b-mobile Sがテザリングに対応(4月11日)。
  • ソフトバンクのiPhone・iPadがSIMロック解除なしで使える「b-mobile S」。
  • b-mobile Sの通話SIMは、通信量に応じて金額が決まる従量制(1GB~15GB)。
  • 「b-mobile S スマホ電話SIM」はいつ解約しても違約金なし。
  • ガラケー向けのSIMも提供。
  • 「25GB定額」は他社10GBプラン並みの安さ。

最新ニュース

キャンペーン情報

  • ・b-mobileユーザーの紹介で「b-mobile S スマホ電話SIM」に申し込むと、紹介者と申込者にそれぞれ1GBプレゼント。

料金プラン

プラン名

容量

データSIM

通話SIM

990ジャストフィットSIM

1GB

-

990円

2GB

-

1,190円

3GB

-

1,390円

4GB

-

1,590円

5GB

-

1,790円

6GB

-

1,990円

7GB

-

2,190円

8GB

-

2,390円

9GB

-

2,590円

10GB

-

2,790円

11GB

-

2,990円

12GB

-

3,190円

13GB

-

3,390円

14GB

-

3,590円

15GB

-

3,790円

16GB

-

3,990円

17GB

-

4,190円

18GB

-

4,390円

19GB

-

4,590円

20GB

-

4,790円

190Pad SIM

100MB

-

190円

1GB

-

480円

3GB

-

850円

6GB

-

1,450円

10GB

-

2,190円

15GB

-

3,280円

その他の料金

  • ・初期費用:3,000円
  • ・MNP転出:3,000円
  • ・解約手数料なし
オプションサービス
・データSIMのSMS機能:月額130円
・5分かけ放題:月額500円
・データ容量追加:300円 / 100MB1200円 / 500MB
※追加容量の有効期限は90日。
・留守番電話:月額300円

通信速度制限

3日間制限なし。ファイル交換(P2P)アプリケーション等の使用や動画再生、連続したデータ通信に制限をかける場合がある。また、おかわりSIMの低速時に、当日を含む直近3日間の通信量が360MBを超えると制限する場合がある。

b-mobileのサービス内容

b-mobileの主力プランは3つ

b-mobileの主力プランは3つ。使った分に応じて料金を支払う「おかわりSIM」、月に25GBの容量を速度制限なしで使える「25GB定額」、そして、ソフトバンクのiPhone・iPadがSIMロック解除なしで使える初の格安SIM「b-mobile S」です。

※b-mobile Sでテザリングが使えるようになりました(2018年4月11日)。

b-mobile S

ソフトバンクのiPhone・iPadをSIMロック解除なしで使えるのがb-mobile Sです。同サービスでは、データ通信専用の「b-mobile S 開幕SIM」、電話機能も使える「b-mobile S 990ジャストフィット SIM」、電話機能に5分かけ放題が付き、いつ解約しても違約金が発生しない「b-mobile S スマホ電話SIM」、データ通信専用でプリペイド版の「b-mobile S プリペイドSIM」の4タイプが提供されています。通信速度は4タイプとも同じですが、データ容量の区切りや課金方法が異なります。

b-mobile S 開幕SIM
データ通信専用のb-mobile S 開幕SIMは、月のデータ容量を1GB/3GB/7GB/30GBから選択できる定額制です。SMS機能の提供はなく、容量の繰り越しもできません。

b-mobile S 開幕SIM、AndroidのAPN設定方法

開幕SIMのサービス内容は、以下の記事で詳しく解説しています。

ソフトバンク回線の格安SIM:b-mobile SとU-mobile Sの比較

【公式】b-mobile S 開幕SIM

b-mobile S 990ジャストフィットSIM
b-mobile S 開幕SIMに電話機能を付けたのが、b-mobile S 990ジャストフィットSIMです。開幕SIMと異なり、ジャストフィットSIMのデータ容量は、通信量に応じて金額が決まる従量制プランです。1GBまでが月額990円、以降10GBまで1GBにつき500円加算され、10GB~15GBまでは1GBにつき350円加算されます。15GBを超えると当月の速度が200Kbpsに制限されます。また、月額500円で「5分かけ放題」を追加することも可能です。

ジャストフィットSIMの最低利用期間は開通日から5ヵ月。それより前に解約すると違約金として8,000円が発生します。

【公式】b-mobile S 990ジャストフィットSIM

b-mobile S スマホ電話SIM
b-mobile S スマホ電話SIMは、ジャストフィットSIMと同じく、データ通信と電話機能が使えるサービスです。ただし、スマホ電話SIMには「5分かけ放題」が付くのに加えて、最低利用期間がないため、いつ解約しても違約金が発生しません。

【公式】b-mobile S スマホ電話SIM

b-mobile S プリペイドSIM
iPhone・iPad向けのデータ通信専用プリペイドSIMです。データ容量は1GBと7GBの2種類。それぞれ有効期限が設定されており、1GBは15日間、7GBは25日間経過すると、利用できなくなります。継続して利用する場合、利用開始日から有効期限の2日後までにチャージすれば、引き続き同じSIMカードでサービスを利用することができます。チャージする際の料金は630円(1GB/15日)または2,880円(7GB/25日)。

【公式】b-mobile S プリペイドSIM

おかわりSIM

おかわりSIMは1ヶ月に使ったデータ量に応じて金額が決まる従量制プラン。データ量は1GB~5GBまでの5段階に分かれており、1GBまでが月額500円、以降、1GBにつき250円加算される仕組みです。例えば、月に1.1GB使った場合、2GBの金額が適用されるので月額料金は750円になります。利用データ量が5GBに達すると、200Kbpsの速度に制限され、その後料金が加算されることはありません。

おかわりSIMの料金は、他社の定額プランと比べても遜色ありません。特に2GBの料金(750円)は、業界最安を謡うDMM mobileよりも20円安く設定されています。

25GB定額

25GB定額の特徴は、なんと言っても月額料金の安さです。データ専用SIMが月額2,380円、通話SIMが月額3,180円という金額は、他社の10GBプランに相当します。

ちなみに、U-mobileも25GB定額と同じ回線を使った「U-mobile MAX」というサービスを提供しています。月に使える容量はb-mobileと同じ25GBですが、通話SIMの月額料金はb-mobileより安い2,880円で提供されています。通話SIMに申し込む場合は、U-mobile MAXにするほうがおトクです。

格安SIM各社の大容量(20GB~50GB)プラン比較

申し込み手順と商品到着後の設定方法

b-mobile S 開幕SIMの申し込み・流れ、商品到着後の設定方法は、以下の記事で詳しく解説しています。

b-mobile S 開幕SIMの申し込み手順と手元に届くまでの流れ

b-mobile S 開幕SIM、SIMカードの挿入とAPNの設定方法

b-mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る