ワイモバイル、料金プランを刷新 5Gに対応 2021年2月から

最終更新日:

ソフトバンクは12月22日、格安SIMサービスのワイモバイルにおいて、5G通信を2021年2月に開始し、料金プランも刷新すると発表しました。

iPhone12

ワイモバイルは、5Gサービスの提供開始に合わせて新料金プランのシンプルS(1,980円/3GB)、シンプルM(2,980円/10GB)、シンプルL(3,780円/20GB)を導入します。ネットワークはソフトバンクの4Gと5Gが利用でき、容量超過後の速度はシンプルSが300Kbps、シンプルMとLが1Mbps。

音声通話は20円/30秒。10分以内の国内通話が無料になる「だれとでも定額」(月額700円)、10分を超える国内通話も無料になる「スーパーだれとでも定額(S)」(月額1,700円)はオプションとして提供されます。

「おうち割 光セット(A)」「家族割引サービス(2回線目以降)」「ワイモバ学割」を適用することもできます。

現行プランも5G対応、新規受付は終了へ

新料金プランの提供に合わせて、「スマホベーシックプラン」「新規割」の新規受付が終了します。すでに加入中の方は継続して利用できるほか、「スマホベーシックプランR」の内容は3月から、データ容量が20GBに、月額基本使用料が4,480円に改定されます。また、「スマホベーシックプラン」は2月以降順次、追加料金なしで5Gを利用できるようになります。

【公式】ニュースリリース

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る