ワイモバイル、データ容量の翌月繰り越しに対応 シンプルプランで8月から

最終更新日:

ソフトバンクは9日、ワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」について、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるように2021年8月に改定すると発表しました。また、「データ増量オプション」で追加されるデータ容量を増加することも併せて発表しています。いずれも月額料金に変更はなく、すでに加入しているユーザーにも適用されます。

ワイモバイル

「データくりこし」は、当月に余ったデータ容量を翌月に繰り越して使用できるというものです。例えば、シンプルM(15GB)を契約している場合、当月に10GBを使い5GB余れば、余った分の5GBが翌月分に追加されるため、翌月は合計20GB使えるようになります。

繰り越したデータ容量の使用期限は翌月末まで。繰り越しができるのは、規定容量とデータ増量オプションで増加したデータ容量のみで、通常速度に戻す申し込みで追加購入したデータ容量は繰り越しできません。

「データ増量オプション」の増量分を拡大

「データ増量オプション」は加入プランに応じて毎月のデータ容量を増量できる、月額550円の有料サービスです。「シンプルS/M/L」の申し込みと同時に加入すれば、13カ月無料になります。

現行の増量分はシンプルSが1GB、シンプルM/Lが3GBですが、今後の改定によりシンプルSが2GB、シンプルM/Lが5GBに増量されます。提供開始日については別途案内するとしています。

⇒ 【公式】ワイモバの料金プランがパワーアップ!

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る