キャリア別SIMロック解除の条件と解除方法

最終更新日:

2015年5月にSIMロック解除が義務化されたことで、ソフトバンク、au、ドコモのiPhoneやiPadも条件を満たしていればSIMロック解除ができるようになりました。 ここでは、各キャリアのSIMロック解除の条件と解除方法をご紹介します。

2015年5月以降に発売された機種が対象

SIMロック解除ができるのは、原則的に2015年5月以降に発売された機種になります。ドコモとソフトバンクでは、それ以前に発売された一部機種でもSIMロック解除ができますが、iPhoneとiPadは含まれていません。

従って現状でSIMロック解除ができるのは、iPhone 6s / 6s Plus、iPhone SE、iPad mini 4、iPad Proに限られます。

解除条件と方法

上記の対応機種なら直ちにSIMロック解除ができるというわけではありません。各社が定める受付条件を満たしている必要があります。

ソフトバンク

条件
1. 端末購入日から180日経過していること(181日目以降に解除可能)
2. 解約済の場合は、解約日から90日以内であること
3. 解約済み機種のSIMロック解除の手続きは契約していた本人のみ可能

- iPhoneのSIMロック解除は2016年3月24日以降
ソフトバンクの場合、SIMロック解除ができるのは端末購入日から181日目以降。従って、2015年9月25日に発売されたiPhone 6sを最速でSIMロック解除ができるのは、2016年3月24日ということになります。

正確な購入日を知りたい方は、MySoftbankの「割賦契約日」を確認するか、一括購入の場合はソフトバンク携帯から151に電話をして確認してみてください。ちなみに、筆者のiPhone 6sの購入日を151に問い合わせたところ、2015年9月24日になっていました。この日を起点にすると181日目は2016年3月23日になるので、SIMロック解除ができる最速日はこの日なのかもしれません。

それと、購入日から181日目の計算は、Siriに尋ねると教えてくれます。

【iOS 9】 Siriとの会話集 - Siriでできるあんなこと、こんなこと

- 購入後90日以内に解約した場合はSIMロック解除できない
iPhone 6sを購入後90日以内に解約した場合、上であげた1と2の条件を同時に満たすことができないため、SIMロック解除はできません。 最低でも購入後91日は契約を断続する必要があります。

- 中古品のSIMロック解除は不可
解約済み機種のSIMロック解除の手続きは契約していた本人のみ可能なので、 中古品のSIMロック解除はできません。


解除方法
・My Softbank - 無料。利用予定の他社SIMカードが必要。
PCから解除する場合:My SoftBankにログインして「契約プラン/オプションの確認・変更」> 「SIMロック解除対象機種の手続き」

スマホから解除する場合:ログイン後、メニューをタップして「契約内容の確認・変更」>「SIMロック解除対象機種の手続き」

ソフトバンク版iPhone 6sのSIMロック解除方法

・ソフトバンクショップ - 手数料3000円。

※解約済みの場合は、ソフトバンクショップのみ受付。

ドコモ

条件
1. 契約者本人が購入した機種であること
2. 利用料金の支払実績が確認できること
3. 端末購入日から6か月以上経過していること(例外あり)
4. ドコモを解約済の場合は、解約日から3か月以内であること

ドコモの解除条件は、概ねソフトバンクと同じですが、一つ大きく異なる点があります。ドコモの場合、対象となる回線で過去にSIMロック解除をした実績があり、かつ前回のSIMロック解除受付から6か月以上経過していれば、端末購入日から6か月経過していなくてもSIMロック解除の手続きが可能となります。 従って、iPhoneの購入直後にSIMロック解除が可能となるケースも考えられます。

ドコモは、2015年5月以前に発売された多くの機種がSIMロック解除に対応しています。上記解約条件の1〜4もこれらの機種には適用されないので、中古品でも解除できます。

SIMロック解除対応機種(2015年5月以前に発売)【公式サイト】


解除方法
・My docomo(PCのみ) - 無料。
ログイン後、ドコモオンライン手続きの欄の「もっと見る」をクリック。「その他」のカテゴリの「SIMロック解除」の欄にある「お手続きへ」をクリック。

ドコモ版iPhone 6sのSIMロック解除方法

・電話 - 手数料3000円
・ドコモショップ - 手数料3000円
※解約済みの場合は、ドコモショップのみ受付。

au

条件
・機種購入日から180日以上経過している機種であること

2015年5月以降にauから発売された機種ならSIMロック解除ができます(同年4月発売のGalaxy S6 edge SCV31含む)。中古iPhoneでも前契約者が購入した日から180日が経過していれば、条件を満たすことになります。

auでは、「SIMロック解除の可否判定」というページが用意されているので、ここにIMEIまたはMEIDを入力して、SIMロック解除可否と解除が可能になる日を知ることができます。

IMEIとMEIDは、iOS端末の【設定】 > 【一般】 > 【情報】から確認できます。


解除方法
auお客さまサポートサイト - 無料
auショップ - 3000円

※解約済みの場合は、auショップのみ受付。

中古品をSIMロック解除する際の注意点

2015年5月以前に発売されたドコモの機種と2015年5月以降発売のauの機種は、中古で購入したものでもSIMロック解除ができます。ただし、盗難や端末代金の未払い、本人確認証類の偽造などが理由でネットワーク利用制限が課されている端末は、SIMロック解除ができません。

お手持ちの端末が疑わしい場合は、各社の専用ページから確認しておきましょう。

ネットワーク利用制限確認ページ

ソフトバンク
ドコモ
au
IMEI(製造番号)は、iOS端末の【設定】> 【一般】> 【情報】から確認できます。

関連記事

格安SIMの基礎知識

格安SIM メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone se 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報