ドコモ版iPhoneのSIMロック解除方法 全手順

最終更新日:

当記事では、NTTドコモで購入したiPhoneをウェブサイト(My docomo)経由でSIMロック解除する方法を解説します。SIMロック解除の手続きはウェブサイト以外にも、電話またはドコモショップ店頭でも受け付けていますが、無料で行えるのはウェブサイトのみです。

SIMロック解除が可能な機種やタイミングはそれぞれ異なるので、受付条件の詳細は以下の記事で確認してください。

キャリア別SIMロック解除の条件と手続き方法

SIMロック解除をしたからといって、ドコモのSIMカードが使えなくなるわけではありませんし、契約が解除されるわけでもありません。しかし、一度SIMロック解除をすると、基本的に再びSIMロックをすることはできなくなるので(再度SIMロックする意味はほとんどないと思いますが)、他社のSIMカードを使いたいなど明確な目的がある場合のみ、SIMロック解除をするようにしましょう。

My DocomoからSIMロック解除手続きをする手順

メニューを開く

My Docomo

My docomoにアクセスし、メニューを開きます。

ドコモの回線契約がない方は、以下の記事を参照してください。

ドコモ、中古・解約済みiPhoneのSIMロック解除方法

[サービス一覧]を選択する

メニュー

メニューの中から[サービス一覧]を選択します。

SIMロック解除の手続きページを開く

SIMロック解除

「My docomoサービス一覧」の下に、ものすごい数の項目が並んでいます。この中から[SIMロック解除]の項目を探し出し、その横の[パソコン/スマホ共通]をタップします。

「SIMロック解除」の項目を見つけるには、iPhoneのページ内検索機能を使うとすぐに見つかります。パソコンの場合は、キーボードのCtrlとF(MacではCommandとF)を同時に押すと検索窓が出てくるので、「simロック解除」と検索してください。

ログインする

dアカウントにログインします。ログイン方法は諸環境により異なりますが、以下のいずれかになるはずです。

ログイン

※Wi-Fi接続でログインできない場合は、Wi-Fiを切断してXi(spモード)接続でログインしてみてください。

※dアカウントをお持ちでない方は、以下の公式ページを参考にしてアカウントを作成してください。

【公式】dアカウント新規作成ガイド

必要事項を入力する

[SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)]を入力して、[SIMロック解除を申込む]にチェックが入っているのを確認します。[SIMロック解除の注意事項]をクリックしたうえで、[SIMロック解除の注意事項に同意する]にチェック。[受付確認メールの送信先]を選択して、最後に[次へ]をクリックします。

IMEI
製造番号(IMEI)の確認方法

製造番号(IMEI)はiOS端末の[設定] > [一般] > [情報]画面で確認できます。「IMEI」の項目を長押しすればコピーが可能です。iPhone 12 / 11シリーズとiPhone XS / XS Max / XRの場合、デュアルSIMに対応しているため「主回線」と「デジタルSIM」の項目にそれぞれのIMEIがありますが、SIMロック解除に必要なのは「主回線」の方です。また、iPhoneから「*#06#」に電話をかけることでも、IMEIを確認できます。

IMEI番号

右図は電話アプリからIMEIを確認した際の画面

手続き内容を確認する

手続き内容の確認画面が表示されます。問題なければ、[手続きを完了する]をクリックしてください。

確認画面

手続きが完了する

以上で手続きが完了し、ドコモから指定メールアドレスに手続きを承った旨のメールが届きます。しかし、手続きが完了しただけで、SIMロック解除が完了したわけではありません。もう少し手順があります。

完了画面

手続き完了後のSIMロック解除方法

SIMロック解除の手続きを終えたら、次は実際にiPhoneでSIMロック解除する作業に移ります。SIMロック解除方法は以下のふた通り。

・ドコモまたはドコモ系格安SIM以外のSIMカードをiPhoneに挿入する。

・iPhoneをバックアップ後、初期化して復元する。

ドコモ以外のSIMカードと差し替える

他社(ドコモとドコモ回線を使用した格安SIM以外)のSIMカードをお持ちの場合、ドコモのSIMカードと差し替えます。iOS 13以前は、ドコモ側での手続きが完了し、他社SIMカードをiPhoneに挿入すると、アクティベートとApple IDのログインが求められましたが、iOS 14ではそれらの手順はなくなりました。他社のSIMカードをiPhoneに挿入するだけでSIMロック解除が完了し、ネットと電話が使えるようになります。

SIMロック解除後、これまで使用してきたドコモのSIMカードはこれまで通り使えます。また、ワイモバイルやUQモバイルなどの格安SIMを使用する場合、機種によってはAPNの設定が必要となります。

ワイモバイルの初期設定:APN設定、切り替え(MNP)、My Y!mobile登録

UQモバイルの初期設定とSIMカードが届いたらすべきこと

また、SIMロック解除の手続き後に必要な他社SIMカードは、楽天モバイルのeSIMでも構いません。筆者はソフトバンクのiPhone 12をSIMロック解除する際、eSIMを用いましたが、問題なくSIMロック解除できました

iPhoneに楽天モバイルのeSIMを設定する方法

iPhoneを初期化する

ドコモ以外のSIMカードをお持ちでない場合、iPhoneを初期化することで、SIMロック解除を完了できます。iPhoneをバックアップしたうえで設定アプリを開き、[リセット] > [すべてのコンテンツと設定を消去]を選択してiPhoneを初期化してください。バックアップから復元すれば、SIMロック解除が完了します。

iCloudバックアップとiPhoneの復元方法

iTunesでiPhoneのバックアップをとる

SIMロック解除が完了したかどうか確認する

iPhoneを初期化してSIMロック解除した場合、以下の方法でSIMロック解除したかどうかを確認してください。

SIMロック解除の確認

ホーム画面から[設定]を開き、[一般] > [情報]の順にタップします。「SIMロック」の項目が「SIMロックなし」と表示されているか確認してください。

「SIMロックあり」と「SIMロックなし」

設定アプリの「情報」でSIMロックのあり・なしを確認できるようになったのは、iOS 14からです。これまでは、SIMロック解除が本当にできているかどうかを確認すには手間がかかったので、iPhoneの使い勝手が向上したと思います。

しかし、このSIMロックあり・なしの表示は、現時点(2020年11月22日)でかなり問題があります。今回、筆者はドコモで購入したiPhone 12 ProをSIMロック解除しましたが、手続きをする前の時点で、すでに「SIMロックなし」と表示されていました。これまで、iOS 14のiPhoneを5台SIMロック解除した経験から、問題をうっすらとは認識していました。試しに手元にあったBIGLOBEモバイルauプランのSIMカードを刺してみたところ、見事に電波が立ち、さらにAPN構成プロファイルをインストールしたところ、なんと、ネットが使えてしまいました。

このSIMロックあり・なし問題をGoogleで検索してみると、多くの方が「おかしい」との声をあげていました。いずれアップルが修正すると思いますが、現時点では、SIMロックあり・なしの表示がおかしいだけに留まらず、本当におかしい場合があるので注意してください。

関連記事

SIMロック解除

格安SIM比較 メニュー



上へ戻る