ドコモ版iPhoneのSIMロック解除方法 全手順

最終更新日:

当記事では、NTTドコモで購入したiPhoneをウェブサイト(My docomo)経由でSIMロック解除する方法を解説します。SIMロック解除の手続きはウェブサイト以外にも、電話またはドコモショップ店頭でも受け付けていますが、無料で行えるのはウェブサイトのみです。

SIMロック解除が可能な機種やタイミングはそれぞれ異なるので、受付条件の詳細は以下の記事で確認してください。

キャリア別SIMロック解除の条件と手続き方法

SIMロック解除をしたからといって、ドコモのSIMカードが使えなくなるわけではありませんし、契約が解除されるわけでもありません。しかし、一度SIMロック解除をすると、基本的に再びSIMロックをすることはできなくなるので(再度SIMロックする意味はほとんどないと思いますが)、他社のSIMカードを使いたいなど明確な目的がある場合のみ、SIMロック解除をするようにしましょう。

My DocomoからSIMロック解除手続きをする手順

メニューを開く

My Docomo

My docomoにアクセスし、メニューを開きます。

ドコモの回線契約がない方は、以下の記事を参照してください。

ドコモ、中古・解約済みiPhoneのSIMロック解除方法

[サービス一覧]を選択する

メニュー

メニューの中から[サービス一覧]を選択します。

SIMロック解除の手続きページを開く

SIMロック解除

「My docomoサービス一覧」の下に、ものすごい数の項目が並んでいます。この中から[SIMロック解除]の項目を探し出し、その横の[パソコン/スマホ共通]をタップします。

「SIMロック解除」の項目を見つけるには、iPhoneのページ内検索機能を使うとすぐに見つかります。パソコンの場合は、キーボードのCtrlとF(MacではCommandとF)を同時に押すと検索窓が出てくるので、「simロック解除」と検索してください。

ログインする

dアカウントにログインします。ログイン方法は諸環境により異なりますが、以下のいずれかになるはずです。

ログイン

※Wi-Fi接続でログインできない場合は、Wi-Fiを切断してXi(spモード)接続でログインしてみてください。

※dアカウントをお持ちでない方は、以下の公式ページを参考にしてアカウントを作成してください。

【公式】dアカウント新規作成ガイド

必要事項を入力する

[SIMロック解除を行う機種の製造番号(IMEI)]を入力して、[SIMロック解除を申込む]にチェックが入っているのを確認します。[SIMロック解除の注意事項]をクリックしたうえで、[SIMロック解除の注意事項に同意する]にチェック。[受付確認メールの送信先]を選択して、最後に[次へ]をクリックします。

IMEI
製造番号(IMEI)の確認方法

製造番号(IMEI)はiOS端末の[設定] > [一般] > [情報]画面で確認できます。「IMEI」の項目を長押しすればコピーが可能です。iPhone 11シリーズとiPhone XS / XS Max / XRの場合、デュアルSIMに対応しているため「主回線」と「デジタルSIM」の項目にそれぞれのIMEIがありますが、SIMロック解除に必要なのは「主回線」の方です。また、iPhoneから「*#06#」に電話をかけることでも、IMEIを確認できます。

IMEI番号

右図は電話アプリからIMEIを確認した際の画面

手続き内容を確認する

手続き内容の確認画面が表示されます。問題なければ、[手続きを完了する]をクリックしてください。

確認画面

手続きが完了する

以上で手続きが完了し、ドコモから指定メールアドレスに手続きを承った旨のメールが届きます。しかし、手続きが完了しただけで、SIMロック解除が完了したわけではありません。もう少し手順があります。

完了画面

手続き完了後のSIMロック解除方法は2通り

ここからは、ドコモ以外のSIMカードを持っているかどうかで、作業内容が異なります。ドコモ以外のSIMカードをお持ちの方は、別のSIMカードに差し替え、後述する作業を進めてください。こちらのやり方のほうが、簡単にSIMロック解除ができます。

SIMカードをiPhoneに挿入する

なお、SIMロック解除の手続き後の作業手順は、アップルのサポートページに説明があるので、そちらも参照してください。

iPhoneを初期化してSIMロック解除する方法

他にSIMカードがない方は、iPhoneをバックアップした後、初期化して復元すれば、SIMロック解除が完了します。

iCloudバックアップとiPhoneの復元方法

iTunesでiPhoneのバックアップをとる

SIMロック解除が完了したか確認する方法

他社のSIMカードがない場合、iPhoneをバックアップ後、初期化して復元すれば、SIMロック解除は完了します。しかし、通常と何ら変わらず復元されるので、本当にSIMフリー化されたかどうかを確認することができません(確認方法がないだけで、実際はSIMロック解除しています)。

それでは不安だという方は、iPhoneをUSBケーブルでパソコン(Windows)につなぎ、iTunesを起動した状態で初期化・復元するようにしてください。iPhoneの復元方法は、iCloudバックアップでもiTunesバックアップでもどちらでも構いません。

初期化が終わったあたりで「デバイスからアクティベーション情報を取得できなかったため、iPhoneをアクティブにできませんでした。」というiTunesの画面が出ることもありますが、問題ないのでそのまま先に進めてください。

最終的に以下の内容がiTunesに表示されます。

完了画面

操作手順

1. iPhoneのバックアップを取る。

2. iPhoneをUSBケーブルでパソコン(Windows)につなぐ。

3. iTunesを起動する。

4. iPhoneを初期化する。[設定] > [一般] > [リセット] > [すべてのコンテンツと設定を消去]

5. iPhoneが再起動してしばらくすると「正常に完了しました。iPhoneのロックが解除されました。」とiTunesに表示される。

7. iCloudバックアップまたはiTunesバックアップからiPhoneを復元する。

ドコモ以外のSIMカードに差し替えた場合の手順

画面を下から上にスワイプする

ドコモ以外のSIMカードを挿入すると、「アクティベーションが必要です」と表示されるので、[了解]をタップして、画面を下から上にスワイプします。iPhone 11、Xシリーズ以外の端末では、ホームボタンを押してください。

下から上にスワイプ
契約切れのSIMカードでもOK

SIMロック解除に必要なSIMカードは、すでに契約が切れているSIMカードでも問題ありません。以前、海外で購入した契約切れのSIMカードをiPhoneに挿入してSIMロック解除を試みたことがありますが、できませんでした。SIMカードなら何でもよいというわけではないようです。

もし契約切れのSIMカードでSIMロック解除ができなかった場合は、iPhoneを初期化してSIMロック解除してください。

パスコードを入力する

サインイン

パスコードを入力します。

アクティベート

「アップデートが完了しました」と表示されたら、[続ける]をタップします。アクティベートが始まります。

アクティベーション

Apple IDにサインインする

サインイン

[Apple ID][パスワード]を入力して、【次へ】をタップします。

SIMロック解除完了

ロック画面

アクティベートが完了すると、ホーム画面に切り替わりSIMロック解除が完了します。今回はドコモで購入したiPhone 11 Proにau回線のUQモバイルのSIMカードを挿入して操作を進めたので、ロック画面やコントロールセンターのステータスバーのキャリアロゴが「au」に変わりました。

SIMロック解除をした端末で格安SIMを使う場合、基本的に格安SIM各社が提供するAPN構成プロファイルをインストールする必要があります。

UQモバイルの初期設定とSIMカードが届いたらすべきこと

ただし、KDDIの子会社であるUQモバイルとソフトバンクが運営するワイモバイルについては、iPhoneの多くの機種においてプロファイルのインストールは必要ありません。SIMカードをiPhoneに挿入するだけで使えます。

UQモバイル:iPhone 8以降のモデルのみAPN設定が必要

ワイモバイル、iPhone XR以前の機種でAPN設定不要

また、ソフトバンクau楽天モバイルのSIMカードを使う場合においても、プロファイルのインストールは必要ありません。もちろん、今まで使っていたドコモのSIMカードも、これまで通り使うことができます。

関連記事

Y!mobile 記事一覧

格安SIM メニュー



上へ戻る