格安SIM各社の10GB~15GBプラン比較

最終更新日:

10~15GBプランは、格安SIMの中でも大容量に分類される料金プランです。動画をガンガン見ない限り、一人で月に10GB以上を消費するのは結構大変です。従って、同プランに向くのは、スマホのヘビーユーザーか家族で契約してデータ容量をシェアするパターンです。

10GBでできること

内容

目安

ウェブページ

2万ページ

メール

33万通

LINE

スタンプの送受信:100万回
無料通話:354時間
ビデオ通話(高画質):30時間

Youtube

低画質:118時間
高画質:20時間

ニコニコ動画

一般会員:46時間

Apple Music

高音質オフ:144時間
高音質オン:74時間


10~15GBプラン料金比較

MVNO

容量

データSIM

通話SIM

SMSなし

SMSあり

DTI SIM

10GB

2,100円

2,250円

2,800円

DMM mobile

10GB

2,190円

2,340円

2,890円

楽天モバイル

10GB

2,260円

2,380円

2,960円

LIBMO

10GB

2,280円

2,420円

2,980円

OCNモバイルONE

10GB

2,300円

2,420円

3,000円

エキサイトモバイル

10GB

2,380円

2,520円

3,080円

mineo auプラン

10GB

-

2,520円

3,130円

IIJmio

10GB

2,560円

2,700円

3,260円

FREETEL

10GB

2,470円

2,610円

3,170円

LINEモバイル

10GB

-

2,640円

3,220円

mineoドコモプラン

10GB

2,520円

2,640円

3,220円

BIGLOBEモバイル

12GB

2,700円

2,820円

3,400円

Nifmo

13GB

2,800円

2,950円

3,500円

DTI SIM

15GB

3,600円

3,750円

4,300円

DMM mobile

15GB

3,600円

3,750円

4,300円

b-mobile S
(ソフトバンク回線
990ジャストフィットSIM)

10-15GB

-

-

10GB:5,490円
11GB:5,840円
12GB:6,190円
13GB:6,540円
14GB:6,890円
15GB:7,240円

b-mobile S
(ソフトバンク回線
スマホ電話SIM)

10-15GB

-

-

10GB:5,600円
11GB:5,950円
12GB:6,300円
13GB:6,650円
14GB:7,000円
15GB:7,350円
(5分かけ放題)

DTI SIM

容量

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

10GB

2,100円

2,250円

2,800円

不可

15GB

3,600円

3,750円

4,300円

不可

20GB

4,850円

5,100円

5,550円

不可

DTI SIMは、DMM mobileやロケットモバイルと並び、月額料金が安い格安SIMです。大容量プランでは、20GBプランで楽天モバイルの料金に大きく差をつけられていますが、10GB / 15GBプランでは最安値を実現しています。

DTI SIMには大容量プランのほかに、データ容量を無制限に使える「ネット使い放題」が提供されていますが、こちらのプランは料金が安いものの(データSIMが2,200円/月)、通信速度は遅いです。

快適な通信速度で大容量を使いたい方は、10GB / 15GB / 20GBプランを選択すると良いでしょう。

DTI SIM:サービスの詳細と特徴

公式サイト

DMM mobile

容量

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

10GB

2,190円

2,340円

2,890円

15GB

3,600円

3,750円

4,300円

20GB

4,980円

5,130円

5,980円

1GB〜20GBプランまで業界最多のプランを揃え、そのほとんどが業界最安。DMM mobileでは8GBプランから、最大3枚のSIMカードでデータ容量をシェアすることができます。

DMM mobile:サービスの詳細と特徴

公式サイト

楽天モバイル

容量

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

10GB

2,260円

2,380円

2,960円

20GB

4,050円

4,170円

4,750円

30GB

5,450円

5,520円

6,150円

楽天モバイルの特徴は、月額料金100円に付き楽天スーパーポイントが1ポイントもらえること、楽天市場での買い物の際にもらえる楽天スーパーポイントが2倍になること(通話SIM契約者のみ)など、ポイント還元制度が充実していることです。また、毎月の利用料金を楽天スーパーポイントで支払うことも可能です。

データシェアに関しては、各回線がそれぞれプランを契約し、当月に使い切れなかった繰り越し分のデータ容量を最大5枚のSIMカードでシェアする仕組みになっています。mineoと同じ仕組みですが、楽天モバイルの場合、各回線ごとにデータシェア利用料として100円/月が加算されます(mineoは無料)。

楽天モバイル:サービスの詳細と特徴

公式サイト

LIBMO

容量

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

10GB

2,280円

2,420円

2,980円

20GB

3,980円

4,120円

4,680円

30GB

5,880円

6,020円

6,580円

LIBMOは、2017年2月にサービスを開始した新しい格安SIMです。全国的な知名度はまだないものの、700社がひしめく格安SIM市場でシェア21位(2018年2月MMD研究所調べ)。ソフトバンク回線が人気のb-mobileが18位、ポータルサイトで有名なエキサイトモバイルが20位という順位を考慮すると、かなり健闘していると言えます。比較的速い通信速度と低額料金、そして、最大11,400円割引となるキャンペーンがユーザーに受けているようです。

データシェアは、1契約につき最大2枚のSIMカードを追加可能(最大で合計3枚)。追加SIMカードの料金は1枚につき120円/月。データ通信のみではなく、音声通話機能(700円/月)、SMSオプション(140円/月)を追加することも可能です。

LIBMO(リブモ)の速度レビュー、mineoドコモプラン、LINEモバイルとの比較

公式サイト

OCNモバイルONE

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

2,300円

2,420円

3,000円

格安SIMで最多の契約者を有するのがOCNモバイルONEです。インターネットサービスプロバイダとしてのシェアと知名度の高さが、格安SIM事業に直結している印象です。

OCNモバイルONEの通信速度は、契約者の多さが影響しているのかごく普通ですが、格安SIMとしての機能はそつなく揃っています。データ容量のシェアは最大5枚のSIMカードまで可。

OCNモバイルONE:サービスの詳細と特徴

公式サイト

エキサイトモバイル

プラン

コース

データSIM

通話SIM

3日間制限

SMSなし

SMSあり

10GB

SIM1枚

2,380円

2,520円

3,080円

なし

SIM3枚

1,890円

+140円/枚

+700円/枚

11GB

SIM3枚

2,830円

12GB

SIM3枚

3,100円

13GB

SIM3枚

3,450円

14GB

SIM3枚

3,790円

15GB

SIM3枚

3,980円

エキサイトモバイルの10~15GBプランは、使った分に応じて料金を支払う従量制の「最適料金プラン」です。同プランでは、100MBから15GBまで、17段階に細かく料金が設定されているため、無駄な支出を抑えることができます。

また、エキサイトモバイルは100MB/月のような少量プランでも最大5枚のSIMで容量をシェアできるため(4枚目以降は追加料1枚につき月額390円)、家族で使ったり、複数の端末にSIMを入れて使いたい方にもおすすめのSIMです。

エキサイトモバイル:サービスの詳細と特徴

公式サイト

mineo

プラン

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

au

2,520円

2,520円

3,130円

ドコモ

2,520円

2,640円

3,220円

mineoは複数回線割引があるほか、家族とデータ容量をシェアしたり、友人や知人にデータ容量をあげたりもらったりできるので、みんなで使うとおトクな格安SIMです。家族で申し込む場合は、一つのプランを家族とシェアするのではなく、各回線がそれぞれプランを契約し、当月に使い切れなかった繰り越し分のデータ容量を最大5枚のSIMカードでシェアする仕組み(パケットシェア)になっています。auプラン、ドコモプランをまたいだシェアも可能です。

mineo:サービスの詳細と特徴

公式サイト

IIJmio

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

2,560円

2,700円

3,260円

IIJmioの料金プランは3GB・6GB・10GBの3種類。全プランで容量シェアが可能です(3・6GBプランでは最大2枚、10GBプランでは最大10枚)。料金プランの数は少ないものの、サービス内容や機能は充実しています。

特に低速通信時(200Kbps)でも、初めの数秒間は高速通信が可能な「バースト機能」は利用価値大。IIJmioは高速通信における3日間制限は設定していませんが、低速時に3日間で366MBを超過するとさらなる速度制限が入るので注意が必要です。

IIJmio:サービスの詳細と特徴

公式サイト

FREETEL

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

2,470円

2,610円

3,170円

不可

定額プランと従量制プラン(使った分だけ安心プラン)の2つの料金体系を持つFREETEL。用途に合わせて2つのプランから選択できるのが魅力です。両プランとも月額料金は同額ですが、契約後に「使った分だけ安心プラン」から「定額プラン」へ変更する場合、手数料が500円かかるので注意してください。逆のプラン変更はできません。

FREETEL

LINEモバイル

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

-

2,640円

3,220円

不可

LINEモバイルの10GBプランは料金が高めですが、LINE、Facebook、Twitter、Instagramをデータ消費なしで利用することができます。通信量の大きいLINEのビデオ通話をガンガン利用したい方にとって、LINEモバイルはうってつけの格安SIMです。

LINEモバイル:サービスの詳細と特徴

公式サイト

BIGLOBEモバイル

容量

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

12GB

2,700円

2,820円

3,400円

BIGLOBEモバイルは上位プランにメリットの多いSIMです。月のデータ容量が6GB以上のプランを契約すると、全国83,000カ所で使えるBIGLOBE Wi-Fi(250円/月)を無料で利用できるほか、データ容量を最大5枚のSIMで分け合える「シェアSIM」にも申し込むことができるようになります(3GB以上のプランで申し込みが可能になりました)。

BIGLOBEモバイルを契約するなら6GB以上のプランを選択することをおススメします。

BIGLOBEモバイル:サービスの詳細と特徴

公式サイト

Nifmo

容量

データSIM

通話SIM

データシェア

SMSなし

SMSあり

13GB

2,800円

2,950円

3,500円

Nifmoは2017年2月1日から、月額料金はそのままで10GBを13GBに増量。これにより13GBプランはかなりお値打ちな料金プランになりました。

データシェアに関しては、3GBプラン以上から「ファミリープログラム」に加入でき、最大7枚のSIMでデータ容量をシェアすることが可能です。

NifMo:サービスの詳細と特徴

公式サイト

b-mobile S

プラン

容量

データSIM

通話SIM

データ
シェア

SMSなし

SMSあり

b-mobile S
(ソフトバンク回線
990ジャストフィットSIM)

10GB

-

-

5,490円

なし

11GB

-

-

5,840円

12GB

-

-

6,190円

13GB

-

-

6,540円

14GB

-

-

6,890円

15GB

-

-

7,240円

b-mobile S
(ソフトバンク回線
スマホ電話SIM)

10GB

-

-

5,600円

11GB

-

-

5,950円

12GB

-

-

6,300円

13GB

-

-

6,650円

14GB

-

-

7,000円

15GB

-

-

7,350円

日本通信が運営するb-mobileは、ソフトバンク回線の「b-mobile S 990ジャストフィットSIM」と「b-mobile S スマホ電話SIM」で10GB~15GBの大容量プランを提供しています。両サービスとも、データ通信と通話が利用でき、使ったデータ容量に応じて料金が決まる従量制です。

両サービスの違いは、最低利用期間と「5分かけ放題」の有無にあります。990ジャストフィットSIMの場合、5分かけ放題は月額500円のオプションサービスのため、付けるか付けないかはユーザーが選択できます。スマホ電話SIMの場合、5分かけ放題はオプションサービスではなく、初めから料金に組み込まれています。

990ジャストフィットSIMに5分かけ放題を付けた際の月額料金とスマホ電話SIMの月額料金を比較すると、7GBまでは990ジャストフィットSIMの方が安く、8GB以降になるとスマホ電話SIMの方が安くなります。従って、月に10GB~15GB使うなら、スマホ電話SIMにするほうがおトクになります。

最低利用期間に関しては、990ジャストフィットSIMが5カ月間、その前に解約すると8,000円の違約金が発生します。一方、スマホ電話SIMに最低利用期間はありません。いつ解約しても無料です。

b-mobile:サービスの詳細と特徴

公式サイト

料金プラン比較

格安SIM メニュー



上へ戻る