格安SIM各社の低速・無制限プラン比較

最終更新日:

通信速度が200kbpsと聞くと、絶望的に遅いという印象を持つかもしれませんが、実際に使ってみると、LINE、メール、YouTube、音楽ストリーミングなど色んなことができます。

200kbps(速度制限時)でできること、できないこと

MVNOが提供する「低速・容量無制限」プランは、速度が200kbpsまたは250kbpsながら、データ容量を無制限に使えるプランです。「低速・容量無制限」には2つのタイプがあり、1つは低速通信のみが可能なプラン。通常、「低速・容量無制限」プランといえば、このタイプを指します。

もう1つは低速モード機能が付いていて、低速時の通信量に制限のない高速プランです。このタイプは料金が若干高くなりますが、いざというときに高速通信が使えるので役立ちます。

ここでは、月額1,000円以内で利用できる「低速・容量無制限」プランを比較してみます。

格安SIM9枚、低速モード時の速度テスト

低速・容量無制限プランの料金比較

MVNO

データSIM

通話SIM

高速容量

速度
(低速時)

SMSなし

SMSあり

ロケットモバイル

298円

448円

948円

-

200kbps

FREETEL

299円

439円

999円

100MB

200kbps

ワイヤレスゲート

445円

584円

-

-

250kbps

ServersMan SIM

467円

610円

-

-

250kbps

楽天モバイル

525円

645円

1,250円

-

200kbps

mineo au

700円

700円

1,310円

500MB

200kbps

mineo ドコモ

700円

820円

1,400円

500MB

200kbps

OCNモバイルONE

900円

1,020円

1,600円

110MB/日

200kbps

UQ mobile

980円

980円

1,680円

3GB

200kbps

ロケットモバイル

データSIM

通話SIM

高速容量

速度 (低速時)

SMSなし

SMSあり

298円

448円

948円

-

200kbps

低速無制限プランの最安はロケットモバイルの「神プラン」です。月額わずか298円なので、1枚くらい持っておいても損はしないでしょう。

ロケットモバイル 公式サイト

FREETEL

データSIM

通話SIM

高速容量

速度 (低速時)

SMSなし

SMSあり

299円

439円

999円

100MB

200kbps

FREETELの「使った分だけ安心プラン」は月に100MBまでの高速通信量が付いて「神プラン」とほぼ同額の299円です。しかし、FREETELの低速モード時の速度は、他の格安SIMの低速モードと比べて極端に遅く、使い物にならないほどです。

従って、FREETELを低速専用で使うのは無理があります。

格安SIM9枚、低速モード時の速度テスト

FREETEL 公式サイト

ワイヤレスゲート

データSIM

通話SIM

高速容量

速度 (低速時)

SMSなし

SMSあり

445円

584円

-

-

250kbps

ワイヤレスゲートの「480円プラン」は通信速度が250kbpsと他社より50kbps速く、全国約4万箇所に設置のWi-Fiスポットを無料で利用できるのが特徴です。

ワイヤレスゲート 公式サイト

ServersMan SIM

データSIM

通話SIM

高速容量

速度 (低速時)

SMSなし

SMSあり

467円

610円

-

-

250kbps

低速・無制限プランのみを提供するのがServersMan SIMです。通信速度は250kbps。速度が足りない場合は他社同様、高速容量をチャージすることで高速化できます(100MB:250円、500MB:1,250円、1GB:2,500円)。

ServersMan SIM 公式サイト

楽天モバイル

データSIM

通話SIM

高速容量

速度 (低速時)

SMSなし

SMSあり

525円

645円

1,250円

-

200kbps

楽天モバイルの高速通信プランは低速モード機能を備えているものの、高速通信をオフにした状態でもデータ容量を消費するというトリッキーな仕組みになっていますが、低速通信のみ利用できる「ベーシックプラン」は容量制限なく使えます。

SMS付きのデータ専用SIMには、050のIP番号が付与されるため、インターネット経由で通話をすることも可能です。

楽天モバイル:サービスの詳細と特徴

公式サイト

mineo

プラン

データSIM

通話SIM

高速容量

速度
(低速時)

SMSなし

SMSあり

auプラン

700円

700円

1,250円

500MB

200kbps

ドコモプラン

700円

820円

1,400円

500MB

200kbps

低速通信プランとして見たとき、mineoの500MBプランは月額700円するので高く見えてしまいますが、裏技があります。mineoの独自機能「フリータンク」です。「フリータンク」はいわば、データ容量の貯蔵庫。データが余った人と足りなくなった人が自由に出し入れできる機能です。引き出しは毎月21日から月末までの期間に月に2回、合計1GMまで可能。

こんなおいしいサービスなら、すぐにタンクが枯渇しそうなものですが、逆に、引き出す以上に預ける人が多いとも言われています。筆者もデータ残量が枯渇しそうになったとき、何度かタンクから引き出した経験があります。簡単な操作であっという間に引き出せます(容量の追加は翌日)。

フリータンクから1GBを引き出せることを考えれば、500MBプランの月額700円は決して高くはありません。

mineo:サービスの詳細と特徴

公式サイト

OCNモバイルONE

データSIM

通話SIM

高速容量

速度 (低速時)

SMSなし

SMSあり

900円

1,020円

1,600円

110MB/日

200kbps

OCNモバイルONEの高速プランも、低速時の通信量に制限がありません。最安プランは1日に110MBの高速データ容量が使える日次プランです。

OCNモバイルONEは「低速・容量無制限」で使える格安SIMでは唯一、バースト転送の実装を公式サイト上で謳っています。バースト転送とは、低速通信時の始めの一定量のみ高速通信ができる機能。サイズの軽いテキストベースのウェブページなら、バースト転送により表示速度が少しだけ速く感じられます。

ちなみに、公式サイト上には言及がないものの、mineoや楽天モバイル、UQ mobileもバースト転送に似た機能を実装しています。

OCNモバイルONE:サービスの詳細と特徴

公式サイト

UQ mobile

データSIM

通話SIM

高速容量

速度 (低速時)

SMSなし

SMSあり

980円

980円

1,680円

3GB

200kbps

UQ mobileの3GBプランは、直近3日間の高速通信量が6GBを超えると速度制限がかかるため、低速時でも6GB/3日間を超えると速度がさらに低下する可能性があります。

しかし、200kbpsで6GB/3日間を消費するのはほぼ不可能なので、事実上の「低速・容量無制限」としても問題ないと思います。仮に1日中通信しっぱなしにしておくと、計算上は67時間ほどで6GBに到達します。

なお、無料通話ができる「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」は、高速通信をオフにした際の速度は300kbpsです。

UQ mobile:サービスの詳細と特徴

公式サイト

データ容量別SIM比較

格安SIM メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone se 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報