楽天モバイル、UQモバイル、ワイモバイルを項目別に比較

最終更新日:

楽天モバイルのUN-LIMIT VI、UQモバイルのくりこしプラン、Y!mobileのシンプルプランの比較。

 

UN-LIMIT VI
(楽天モバイル)

くりこしプラン
(UQモバイル)

シンプル
(ワイモバイル)

料金プラン

~1GB:0円
~3GB:980円
~20GB:1,980円
20GB~:2,980円

3GB:1,480円
15GB:2,480円
25GB:3,480円

3GB:1,980円
15GB:2,980円
25GB:3,780円

割引

・1年間無料
・事務手数料無料
・5,000ポイント還元

・現金1万円還元
・UQ学割

・事務手数料無料
・14,000円相当還元
・家族割引サービス
・おうち割 光セット
・ワイモバ学割

通話

かけ放題

20円/30秒

20円/30秒

通話オプション

国際通話かけ放題:
980円

かけ放題:1700円
10分かけ放題:700円
通話パック60分:500円

かけ放題:1000円
10分かけ放題:700円

発信方法

Rakuten Link経由

通常通り

通常通り

対応iPhone

iPhone XS以降

iPhone 6s以降

iPhone 5s以降

販売iPhone

-

iPhone SE 2

iPhone SE 2
iPhone 12 (2月下旬)

eSIM

X

X

容量繰り越し

-

X

低速モード

-

X

低速時の速度

1Mbps

1Mbps(プランM/L)

1Mbps(プランM/L)

通常時の速度

超速い

超速い

超速い

データシェア

-

X

契約解除料

なし

なし

なし

Wi-Fiスポット

月額362円

無料 or 有料

無料

メール

-

月額200円
(@uqmobile.jp)

無料
(@yahoo.ne.jp)

料金プラン

3社の料金プランで最もお得感が強いのは楽天モバイルのUN-LIMIT VIです。同プランは使ったデータ量に応じて料金が決まる段階制プラン。

例えば、月のデータ使用量が1GBなら月額料金は無料。UQモバイルとワイモバイルのプランMと同等の15GBを使用しても月額1,980円。月に20GB以上を使用すると月額2,980円になり、それ以降はどれだけネットを使ってもそれ以上料金が高くなることはありません。ただし、楽天回線エリア以外では、au回線を使用しているため、月のデータ容量は5GBとなります。

【公式】楽天モバイル通信エリア

一方、UQモバイルのくりこしプランとワイモバイルのシンプルプランは、3GB(プランS)、15GB(プランM)、25GB(プランL)の3つから選択でき、月額料金は各プランにおいてくりこしプランの方が500円安く設定されています。しかし、シンプルプランの方は、月額1,080円を割引する「家族割引サービス」や「おうち割光セット」を適用できるため、家族でワイモバイルを契約する場合や、自宅のインターネットをソフトバンク光にする場合、シンプルプランの方が安くなります。

割引キャンペーン

楽天モバイル

・UN-LIMIT Ⅵ一年間無料
UN-LIMIT Ⅵの月額料金2,980円が1年間無料。先着300万名対象。2021年2月8日時点で残り50万名。

・事務手数料無料
契約事務手数料が無料になるほか、MNP転出料、契約解除料、SIM再発行手数料などもすべて無料。

・UN-LIMIT Ⅵ申し込みで5,000ポイント還元
UN-LIMIT Ⅵを申し込むと、誰でも5,000ポイント還元。

・対象スマホも購入すると25,000ポイント還元
対象のスマホを購入しUN-LIMIT Ⅵを申し込むと25,000ポイント還元。

【公式】楽天モバイル

UQモバイル

・最大10,000円キャッシュバック
UQモバイルオンラインショップからSIMカード単体を申し込むと、MNPで10,000円、新規契約で3,000円をキャッシュバック。

・UQ学割
18歳以下を対象に、くりこしプランの月額料金を一定期間割引。割引額はくりこしプランSが月額580円(8カ月間)、くりこしプランMとLが月額1,000円(12カ月間)。学割対象の家族にも適用可。

【公式】UQモバイル

ワイモバイル

ワイモバイルのキャンペーンについては盛りだくさんあるため、以下の記事で詳細を解説しています。

ワイモバイルとヤフーモバイルの最新キャンペーン情報

通話と通話オプション

楽天モバイルは、Rakuten Linkから通話をする限り、国内通話と海外から国内への通話が無料になります。また、66か国への通話がかけ放題になる「国際通話かけ放題」を月額980円のオプションサービスとして提供しています。

UQモバイルのくりこしプランとワイモバイルのシンプルプランは、料金プランに無料通話が含まれていないため、通常の通話料金(20円/30秒)がかかります。両プランとも通話オプションとして、かけ放題(月額1,700円)と10分かけ放題(月額700円)を、UQモバイルはこれに加えて通話パック60分(月額500円)も提供しています。無料通話時間を超過した分の通話料金も20円/30秒です。

発信方式

楽天モバイルは、国内の通話とSMSを無料で利用できますが、専用アプリのRakuten Linkから通話をしなければなりません。スマホ内蔵の電話アプリから発信をした場合、20円/30秒の通話料金が発生してしまいます。着信についてもRakuten Linkに届きます。

一方、UQモバイルとワイモバイルの場合、通常の電話と変わりません。スマホ内蔵の電話アプリから発信・着信が行えます。

対応iPhone

楽天モバイルのSIMを利用できるiPhoneは、iPhone 12 / 12 mini / 12 Pro / 12 Pro Max、iPhone SE(第2世代)、iPhone 11 / 11 Pro / 11 Pro Max、iPhone XS / XS Max / XRで、SIMフリーの機種に限られます。楽天モバイルは、公式サイトでスマホ別の動作確認結果を公開しているので、詳細は以下のページを確認してください。

【公式】ご利用製品の対応状況確認

UQモバイルを利用できるiPhoneの機種は、SIMフリーのiPhone 6s以降とauのiPhone 8以降の機種。iPhone X以降の機種のみAPN設定が必要です。

UQモバイルのAPN設定プロファイルをiPhoneにインストールする方法

ワイモバイルについては、SIMフリーのiPhone 5s以降の機種が対応しています。ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除しないと使えません。またAPN設定が必要な機種はiPhone 12シリーズのみ。その他の機種は、SIMカードをiPhoneに挿入するだけで使えます。

ワイモバイル、iPhone XR以前の機種でAPN設定不要

販売iPhone

楽天モバイルは今のところ、iPhoneの販売をしていません。一方、UQモバイルとワイモバイルは、2020年4月に発売されたiPhone SE(第2世代)を同年8月から販売しています。

UQモバイルとワイモバイルのiPhone SEを比較 どっちから購入すべき?

また、ワイモバイルは2021年2月下旬にiPhone 12とiPhone 12 miniを発売する予定です。

eSIM

楽天モバイルは3社で唯一、eSIMサービスを提供しています。iPhoneでも使えます。eSIMがあれば、主回線に現在使っている携帯会社のSIMカード、副回線に楽天モバイルのeSIMを設定するといったことが可能になります。もちろん、iPhoneにeSIMのみを設定して使うこともできます。

iPhoneに楽天モバイルUN-LIMIT VのeSIMを設定する方法

容量の繰り越し

当月に使い切れなかったデータ容量を翌月に繰り越せるかどうかは3社で異なります。まず、楽天モバイルは、自社回線エリアでデータ通信を無制限に使用できるため、そもそも容量の繰り越しという概念自体がありません。一方、月に5GBまで使える自社回線エリア外でのデータ容量については、翌月に繰り越すことはできません。

UQモバイルの場合、翌月に適用されるプランの基本データ容量と同容量まで翌月に繰り越せます。つまり、繰り越せる容量は、プランSが3GB、プランMが15GB、プランLが25GBまでです。

一方、ワイモバイルはデータ容量の繰り越しができません。これは、ワイモバイルの数少ない欠点の一つです。

低速モード

手持ちのデータ容量を消費する高速通信と、低速ながらデータ容量を消費しない低速通信を手動で切り替えられるのが「低速モード」機能です。少しでもデータ容量を節約したいユーザーに人気です。

3社のうち、この低速モードを実装しているのはUQモバイルのみです。楽天モバイルはそもそもデータ通信が使い放題なので、低速にする意味がありません。

低速時の速度

月のデータ容量を超過して使用する際、通信速度は低速に制限されます。低速時の速度は、UQモバイルとワイモバイルの場合、プランSが300Kbps(0.3Mbps)、プランM/Lが1Mbpsです。一方、楽天モバイルの場合、自社回線エリア外で月に5GBの容量を超過して使用すると、速度が1Mbpsに制限されます。

1Mbpsという速度環境がどんな感じなのか。YouTubeやLine、Safariなど様々なアプリを使用して使い心地を検証したので、以下の記事も参考にしてみてください。

ドコモのギガホ、容量超過時の速度(1Mbps)でできること、できないこと

通常時の速度

MVNO(格安SIM)時代の楽天モバイルの通信速度はかなり遅かったですが、自社ネットワークを持つMNOとなった現在はさすがに高速になりました。楽天モバイルUN-LIMIT Ⅵの速度は、以下の記事でUQモバイルとワイモバイルの速度とともに検証しています。

楽天モバイル(UN-LIMIT)の速度テスト

データシェア

楽天モバイルとUQモバイルは、複数のSIMでデータ容量をシェアするサービスを提供していません。一方、ワイモバイルでは、親回線のデータ容量を最大3枚の子回線でシェアすることができます。子回線の利用料金は、親回線がプランMまたはプランRだと490円、プランSだと980円です。子回線は1枚でも3枚でも利用料金は同額です。ただし、子回線はデータ専用SIMとなるため、音声通話は利用できません。

契約解除料

3社とも契約解除料はありません。

Wi-Fiスポット

●楽天モバイル
楽天モバイル契約者は、エコネクト社が提供する公衆Wi-Fiを利用できます。月額料金は362円。

●UQモバイル
UQモバイル契約者は、ワイヤ・アンド・ワイヤレス(Wi2)社が提供する「ギガぞうWi-Fi」を利用できます。VPN(暗号化)対応の高セキュリティプラン(月額350円)のほか、機能・エリア限定の無料プランを選択することもできます。

●ワイモバイル
ワイモバイル契約者は、「ソフトバンクWi-Fiスポット」を無料で利用できます。

メールアドレス

MVNOの楽天モバイルは、@rakuten.jpというメールアドレスを取得できますが、UN-LIMIT Ⅵでは今のところ取得できません。UQモバイルは月額200円の有料になりますが、メールアドレス(@uqmobile.jp)を取得できます。ワイモバイルは@yahoo.ne.jpを無料で取得できます。

関連記事

最新情報

Y!mobile 最新記事

格安SIM メニュー



上へ戻る