格安SIM16枚の速度比較 2018年6月

最終更新日:

計測方法

速度テストアプリ

使用した計測アプリはSpeedtest.net。速度テストアプリの注意点としては、必ずしも実態を反映した数値が出るわけではないことです。速度を知るうえで参考にはなりますが、重視し過ぎないようにしてください。

アプリのダウンロード速度

App Store(またはPlay Store)でのアプリのダウンロード時間を計測し、転送速度を割り出しました。ネット利用者が増える8時、12時30分、18時、22時に実施。

ウェブサイトの読み込み時間

約90kbの画像20枚を挿入したhtmlページをSafariで開き、すべてのファイル(cssやジャバスクリプトなど全26個)を読み込むまでの時間を、Safari WebインスペクタまたはChrome デベロッパーツールを用いて計測しました。iPhoneの場合、ウェブサイトを開いた際にiPhoneのステータスバーに出る、くるくる回っているアイコンが消えるまでの時間です。

計測した時間帯は8時、12時30分頃、18時、22時。それぞれ2回または3回ずつ、都度キャッシュを削除して計測。 ウェブページの読み込みに関しては、複数のファイルの読み込みが同時進行で行われるのに加えて、サーバーとの通信回数、反応速度など諸々のことが関わってくるため、データの転送速度を表す単位であるbpsではなく読み込みに要した時間と、それだけではわかりにくいので、所要時間の横に全16枚の中央値も記載しました。

使用端末、計測日、計測場所

使用した端末とSIMの組み合わせは以下の通り。iOSのバージョンは11.4。iPhone 5cのみiOS 10.3.3。

・ワイモバイル:iPhone 7(au版SIMロック解除)

・UQモバイル:iPhone SE(SIMフリー)

・mineo auプラン:iPad Air(au版)

・mineoドコモプラン:iPhone 7 Plus(ドコモ版)

・U-mobile :iPhone 6s(ドコモ版SIMロック解除)

・b-mobile S:iPhone 5s(ソフトバンク版)

・nuroモバイル:iPhone 5c(SIMフリー)

・BIGLOBEモバイル タイプD:iPhone 7(ソフトバンク版SIMロック解除)

・BIGLOBEモバイル タイプA:iPhone 6s(ソフトバンク版SIMロック解除)

・LINEモバイル:iPhone 8(ソフトバンク版SIMロック解除)

・OCNモバイルONE:iPhone 6(ドコモ版)

・楽天モバイル:iPhone 6 Plus(SIMフリー)

・IIJmioタイプD:iPhone X(ドコモ版SIMロック解除)

・IIJmioタイプA:arrows M02

・DMMモバイル:P8 lite

・ロケットモバイル神プラン:Priori 3 LTE

計測日:6月18日(月)
計測場所:愛知県名古屋市中心部

速度テスト結果

ワイモバイル

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

25.78

37.6

2.51秒(8秒)

9時

29.22

 

 

10時

49.07

 

 

11時

37.57

 

 

12時30分

25.16

52.64

2.43秒(14.86秒)

13時

35.19

 

 

14時

33.14

 

 

15時

34.85

 

 

16時

38.03

 

 

17時

35.66

 

 

18時

24.68

37.6

2.13秒(5.16秒)

19時

24.04

 

 

20時

20.49

 

 

21時

14.16

 

 

22時

10.21

51

2.6秒(3.83秒)

23時

15.75

 

 

24時

34.89

 

 

速度テスト結果の詳細

すべての計測方法と時間帯において超高速でした。本家ソフトバンクの速度と同等と言っても良いくらいです。ソフトバンクのワイモバイルとKDDIグループのUQモバイルに関しては、他の格安SIMのように時期によって速度が落ち込むことがないので、速度面での心配は全く不要です。

ワイモバイルとUQモバイルのサービス内容の違いについては、以下の記事で詳しく解説しています。

楽天モバイル「スーパーホーダイ」とUQモバイル、ワイモバイルの比較

《キャンペーン情報》
オンラインストアから新規またはMNP(ソフトバンク回線からのMNPは対象外)でSIMカードを単体契約すると、プランMとLで14,400円(600円 x 24ヵ月)、プランSで9,600円(400円 x 24ヵ月)割引。スマホを同時購入すると特典は適用されないので注意してください。

ワイモバイル:サービスの詳細と特徴

UQモバイル

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

16.38

23.93

3.11秒(8秒)

9時

20.06

 

 

10時

13.92

 

 

11時

15.42

 

 

12時30分

6.64

17.55

3.5秒(14.86秒)

13時

8.24

 

 

14時

18.73

 

 

15時

11.30

 

 

16時

6.86

 

 

17時

9.77

 

 

18時

15.29

21.93

3.55秒(5.16秒)

19時

13.91

 

 

20時

24.10

 

 

21時

10.47

 

 

22時

9.37

21.93

4.16秒(3.83秒)

23時

14.47

 

 

24時

16.29

 

 

速度テスト結果の詳細

ワイモバイルほどではなかったものの、UQモバイルも相変わらずの高速でした。通信速度を重要視する方は、UQモバイルかワイモバイルにしておけば間違いありません。現状、この2社に対峙できる格安SIMは存在しません。

《キャンペーン情報》
UQモバイルは現在、限定公開ページで最大13,000円のキャッシュバック・キャンペーンを実施しています。おしゃべり/ぴったりプランのほか、「データ高速+音声」プランもキャンペーンの対象です。また、iPhone SEやiPhone 6sなどのスマホの購入を伴う契約でもキャッシュバックがもらえます。

実は3種類あるUQモバイルのキャッシュバック・キャンペーンを解説

UQモバイル:サービスの詳細と特徴

U-mobile

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

20.10

10.53

4秒(8秒)

9時

15.76

 

 

10時

32.17

 

 

11時

18.78

 

 

12時30分

3.30

1.36

6.09秒(14.86秒)

13時

7.77

 

 

14時

27.71

 

 

15時

26.71

 

 

16時

24.90

 

 

17時

10.80

 

 

18時

3.34

2.63

4.52秒(5.16秒)

19時

3.98

 

 

20時

5.82

 

 

21時

3.98

 

 

22時

3.67

2.83

4.93秒(3.83秒)

23時

10.05

 

 

24時

42.03

 

 

速度テスト結果の詳細

U-mobileは平日昼のピーク時でも速度が極端に落ち込むことはほとんどありません。朝夕の通勤ラッシュ時の速度も安定していますし、速度面に関しては優秀な部類に入るSIMです。

サービス面については、回線設備が異なる様々なタイプのSIMカードが用意されているため選択肢は豊富ですが、出る速度がそれぞれ異なるので若干わかりにくいかもしれません。

今回計測に使用したSIMは「ダブルフィックスプラン」です。3GB、5GBプランや「LTE使い放題」「U-mobile for iPhone」「USEN MUSIC SIM」も同じ設備を使用するサービスなので、SIMカードも同じですし、出る速度も同じです。

U-mobile:サービスの詳細と特徴

OCNモバイルONE

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

9.16

1.16

4.22秒(8秒)

9時

39.49

 

 

10時

49.47

 

 

11時

35.21

 

 

12時30分

0.79

0.42

12.01秒(14.86秒)

13時

2.92

 

 

14時

46.82

 

 

15時

25.25

 

 

16時

46.78

 

 

17時

55.18

 

 

18時

3.11

1.10

3.44秒(5.16秒)

19時

2.41

 

 

20時

6.87

 

 

21時

4.09

 

 

22時

4.30

4.18

2.78秒(3.83秒)

23時

8.97

 

 

24時

32.26

 

 

速度テスト結果の詳細

数年前、OCNモバイルONEといえば、ごく平凡な速度が出る格安SIMという印象でしたが、その印象も随分と変わってきました。今では、ドコモ回線の中では速い方という評価で良いと思います。

OCNモバイルONE:サービスの詳細と特徴

mineo auプラン

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

3.07

0.53

15.44秒(8秒)

9時

13.38

 

 

10時

9.32

 

 

11時

14.96

 

 

12時30分

0.93

0.54

12.73秒(14.86秒)

13時

0.52

 

 

14時

14.77

 

 

15時

11.96

 

 

16時

10.69

 

 

17時

10.89

 

 

18時

1.76

1.15

5.22秒(5.16秒)

19時

5.26

 

 

20時

18.60

 

 

21時

17.82

 

 

22時

10.59

14.62

2.64秒(3.83秒)

23時

10.33

 

 

24時

13.99

 

 

速度テスト結果の詳細

いつもと比べると8時の速度が大幅に遅いですが、速度テスト当日の7時58分に大阪で発生した地震により、トラフィックが急増したためと思われます。速度テストを行った名古屋でも大きな揺れを感じました。

mineo auプランは、UQモバイル、ワイモバイルといった超高速SIMを第一グループだとすると、第二グループの筆頭に来る格安SIMです。UQモバイルやワイモバイルの料金プランが合わない場合は、mineo auプランを真っ先に検討してみると良いと思います。

mineo:サービスの詳細と特徴

mineo 公式サイト

mineoドコモプラン

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

4.98

0.48

8.43秒(8秒)

9時

8.07

 

 

10時

33.22

 

 

11時

54.94

 

 

12時30分

0.66

0.38

13.71秒(14.86秒)

13時

2.13

 

 

14時

87.65

 

 

15時

43.90

 

 

16時

37.45

 

 

17時

17.67

 

 

18時

1.19

1.08

6.69秒(5.16秒)

19時

2.08

 

 

20時

6.74

 

 

21時

9.35

 

 

22時

36.12

21.93

3.24秒(3.83秒)

23時

48.18

 

 

24時

81.26

 

 

速度テスト結果の詳細

mineoドコモプランは、平日昼を除けば、まずまずの速度が出るSIMです。mineo auプランと比較すると速度が若干落ちるので、SIMフリースマホをお持ちなら、auプランのほうがおススメです。ただし、mineo auプランは、iPhoneのテザリング機能が使えません。

mineo:サービスの詳細と特徴

mineo 公式サイト

LINEモバイル

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

43.02

1.84

4.56秒(8秒)

9時

61.81

 

 

10時

57.06

 

 

11時

35.99

 

 

12時30分

1.53

0.77

9.81秒(14.86秒)

13時

1.53

 

 

14時

65.56

 

 

15時

56.84

 

 

16時

54.09

 

 

17時

10.84

 

 

18時

5.52

1.64

5.99秒(5.16秒)

19時

2.79

 

 

20時

12.68

 

 

21時

6.17

 

 

22時

6.70

21.93

5.72秒(3.83秒)

23時

11.21

 

 

24時

40.27

 

 

速度テスト結果の詳細

18時と22時のサイトの読み込みが中央値より悪いですが、普通にネットサーフィンができる水準なので問題ありません。LINEモバイルは、平日昼でもわりと普通にネットが使えますし、1日を通して速度の落差が少ないので、使いやすさは良いと言えます。ちなみに、LINEモバイルが公表している「平均月間解約率」は0.92%とかなりの低水準を維持しています。

LINEモバイル:サービスの詳細と特徴

LINEモバイル 公式サイト

b-mobile S

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

-

21.93

4.18秒(8秒)

9時

19.05

 

 

10時

29.72

 

 

11時

25.42

 

 

12時30分

8.31

2.66

10.1秒(14.86秒)

13時

7.43

 

 

14時

10.69

 

 

15時

19.88

 

 

16時

21.49

 

 

17時

13.51

 

 

18時

1.26

1.73

5.11秒(5.16秒)

19時

6.14

 

 

20時

9.59

 

 

21時

28.55

 

 

22時

26.83

13.16

4.26秒(3.83秒)

23時

15.62

 

 

24時

42.29

 

 

速度テスト結果の詳細

全時間帯で及第点以上の速度でした。ソフトバンク回線の格安SIMでは一番おススメできます。

b-mobile SはソフトバンクのiPhoneとiPadがSIMロック解除なしで使える初の格安SIM。データ専用の「b-mobile S 開幕SIM」と電話も使えて5分かけ放題が付く「b-mobile S スマホ電話SIM」、そして昨年11月からデータ通信と電話が使えて、1GBまでが月額990円、以降1GBあたり+500円(10GB以降は1GB毎350円)で利用できる「b-mobile S ジャストフィットSIM」を提供しています。

b-mobile:サービスの詳細と特徴

nuroモバイル(ソフトバンク回線プラン)

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

0.54

0.72

48.71秒(8秒)

9時

4.47

 

 

10時

5.61

 

 

11時

15.60

 

 

12時30分

0.32

0.48

47.06秒(14.86秒)

13時

0.69

 

 

14時

4.17

 

 

15時

6.36

 

 

16時

2.43

 

 

17時

0.59

 

 

18時

0.44

0.57

19.44秒(5.16秒)

19時

5.54

 

 

20時

2.94

 

 

21時

7.06

 

 

22時

6.47

28.18

3.5秒(3.83秒)

23時

20.91

 

 

24時

20.78

 

 

速度テスト結果の詳細

数少ないソフトバンク回線の格安SIMを提供するnuroモバイルですが、速度が遅すぎるので、日本通信のb-mobile Sをおススメします。また、7月2日からLINEモバイルがソフトバンク回線の新サービスを開始したので、こちらも注目です。

nuroモバイル(ソフトバンク回線)サービスの詳細と特徴

BIGLOBEモバイル タイプD

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

0.95

0.91

23.72秒(8秒)

9時

1.15

 

 

10時

3.97

 

 

11時

30.77

 

 

12時30分

0.30

0.58

63秒(14.86秒)

13時

0.63

 

 

14時

8.40

 

 

15時

7.83

 

 

16時

12.09

 

 

17時

5.12

 

 

18時

1.02

1

4.77秒(5.16秒)

19時

1.15

 

 

20時

4.72

 

 

21時

5.00

 

 

22時

3.91

16.45

2.35秒(3.83秒)

23時

59.45

 

 

24時

64.27

 

 

速度テスト結果の詳細

BIGLOBEモバイルのタイプD(ドコモ回線)は、昼の時間帯を除けば、概ね快適に使える格安SIMです。今回の計測では、8時のサイト読み込み速度が遅いですが、直前に発生した大阪の地震が大きく影響していると思われます。

BIGLOBEモバイルは、画像表示速度の向上や通信容量の節約につながるように、通信の最適化を行っています。当サイトはhttpsを使用しているため、通信の最適化はされませんが、httpで始まるURLのサイトでは、画像サイズが半分程度でダウンロードされるため、表示速度はさらに上がります。BIGLOBEモバイルの最適化については、別記事で解説しているので、そちらを参照してください。

《キャンペーン情報》
新規に音声通話SIMで3GB以上のセレクトプラン(SIMのみ)を契約すると、6ヵ月間毎月1,200円割引。

BIGLOBEモバイル:サービスの詳細と特徴

BIGLOBEモバイル 公式サイト

BIGLOBEモバイル タイプA

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

3.93

1.17

14.93秒(8秒)

9時

3.97

 

 

10時

27.45

 

 

11時

29.22

 

 

12時30分

0.60

0.66

69秒(14.86秒)

13時

3.61

 

 

14時

11.46

 

 

15時

11.06

 

 

16時

9.77

 

 

17時

3.74

 

 

18時

3.40

1.15

3.56秒(5.16秒)

19時

3.81

 

 

20時

3.83

 

 

21時

18.46

 

 

22時

12.00

10.97

3.15秒(3.83秒)

23時

10.50

 

 

24時

9.93

 

 

速度テスト結果の詳細

au回線のタイプAは、サービス開始からまだそれほど時間が経っていないので評価が難しいですが、今回のように昼の時間帯に使い物にならないくらい速度が落ち込むことがある点は留意しておきましょう。なお、8時のサイト読み込み時間は、こちらも直前に発生した地震が大きく影響したと思われます。

《キャンペーン情報》
新規に音声通話SIMで3GB以上のセレクトプラン(SIMのみ)を契約すると、6ヵ月間毎月1,200円割引。

BIGLOBEモバイル:サービスの詳細と特徴

BIGLOBEモバイル 公式サイト

楽天モバイル

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

4.63

1.02

4.62秒(8秒)

9時

8.73

 

 

10時

17.91

 

 

11時

35.73

 

 

12時30分

0.52

0.12

16.02秒(14.86秒)

13時

4.47

 

 

14時

40.57

 

 

15時

14.83

 

 

16時

26.62

 

 

17時

4.67

 

 

18時

4.79

1.89

2.91(5.16秒)

19時

4.63

 

 

20時

4.77

 

 

21時

4.69

 

 

22時

4.60

1.96

2.99秒(3.83秒)

23時

17.17

 

 

24時

68.73

 

 

速度テスト結果の詳細

格安SIMでシェア1位を誇る楽天モバイルですが、以前よりまともになったものの、速くなったり遅くなったりを繰り返し、安定感がないのでおススメはできません。

楽天モバイル:サービスの詳細と特徴

ロケットモバイル神プラン

時刻

計測アプリ
(Mbps)

Play Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

5.96

0.35

7.58秒(8秒)

9時

52.49

 

 

10時

35.98

 

 

11時

29.88

 

 

12時30分

0.39

0.23

40.57秒(14.86秒)

13時

1.23

 

 

14時

13.15

 

 

15時

6.34

 

 

16時

2.27

 

 

17時

3.36

 

 

18時

1.22

0.23

18.04秒(5.16秒)

19時

1.06

 

 

20時

2.43

 

 

21時

2.32

 

 

22時

8.31

0.16

5.47秒(3.83秒)

23時

9.27

 

 

24時

2.27

 

 

速度テスト結果の詳細

ロケットモバイルの神プランは月額298円の業界最安プラン。公称速度は200Kbpsですが、Safariの速度は基本的にそれ以上の速度が出ます。

target="_BLANK">ロケットモバイル神プラン

IIJmioタイプD

時刻

計測アプリ
(Mbps)

App Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

1.88

1.11

15.96秒(8秒)

9時

7.81

 

 

10時

26.91

 

 

11時

27.94

 

 

12時30分

0.42

0.45

54.9秒(14.86秒)

13時

1.66

 

 

14時

9.69

 

 

15時

12.27

 

 

16時

14.45

 

 

17時

3.10

 

 

18時

1.39

1.99

10.53秒(5.16秒)

19時

1.64

 

 

20時

2.45

 

 

21時

3.85

 

 

22時

3.59

3.93

5.25秒(3.83秒)

23時

45.07

 

 

24時

66.71

 

 

速度テスト結果の詳細

IIJmioタイプDはウェブサイトの読み込みが遅いので、他の格安SIMにするほうがいいでしょう。ドコモ回線ならOCNモバイルONEやmineo、LINEモバイル、U-mobile辺りがおススメです。

IIJmio:サービスの詳細と特徴

IIJmioタイプA

時刻

計測アプリ
(Mbps)

Play Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

1.04

0.9

17.75秒(8秒)

9時

2.90

 

 

10時

2.54

 

 

11時

13.43

 

 

12時30分

0.37

0.5

62.77秒(14.86秒)

13時

0.97

 

 

14時

15.21

 

 

15時

12.04

 

 

16時

10.35

 

 

17時

10.90

 

 

18時

1.35

1.02

15.18秒(5.16秒)

19時

1.49

 

 

20時

3.87

 

 

21時

2.93

 

 

22時

12.15

7.06

5.82秒(3.83秒)

23時

16.67

 

 

24時

12.54

 

 

速度テスト結果の詳細

au回線を使用したタイプAは、速度が遅いうえに、2017年8月以前に発売のauのiPhoneをSIMロック解除なしで使えるわけでもなく、iPhoneのテザリングにも対応していません。au回線のUQモバイルとmineoに勝る要素がほぼないので、選択肢から除外するのが妥当です。

IIJmio:サービスの詳細と特徴

DMMモバイル

時刻

計測アプリ
(Mbps)

Play Store
(Mbps)

ウェブサイト読み込み時間
(16枚の中央値)

8時

1.88

1.08

11.87秒(8秒)

9時

5.06

 

 

10時

28.56

 

 

11時

26.53

 

 

12時30分

0.34

0.3

43.26秒(14.86秒)

13時

1.41

 

 

14時

13.29

 

 

15時

16.70

 

 

16時

10.78

 

 

17時

3.75

 

 

18時

1.35

1.26

9.89秒(5.16秒)

19時

1.54

 

 

20時

2.71

 

 

21時

3.14

 

 

22時

3.24

32.66

5.06秒(3.83秒)

23時

14.46

 

 

24時

21.20

 

 

速度テスト結果の詳細

DMMモバイルは月額料金の安さがウリの格安SIM。通信速度に関しては、特にいいところがないので、速度重視の方は選択肢から外したほうが良いでしょう。

DMMモバイル:サービスの詳細と特徴

速度テスト 最新記事

格安SIM比較 メニュー



上へ戻る