ソフトバンク版iPhoneのSIMロック解除方法

最終更新日:

ソフトバンク、au、ドコモのiPhone 6sが、SIMロック解除できるようになりました。SIMロック解除の条件と方法は、キャリアによって微妙に違うので、キャリア別SIMロック解除の条件と解除方法の記事を見て確認してください。

筆者のソフトバンク版iPhone 6sも購入日から180日を経過したので、早速、My SoftbankからSIMロック解除をしてみました。ここでは、その手順をご紹介します。

念のために言っておくと、SIMロック解除をしたからといって、ソフトバンクのSIMが使えなくなるわけではありませんし、契約が解除されるわけでもありません。しかし、一度SIMロック解除をすると、再びSIMロックすることはできなくなるので、他社のSIMカードを使いたいなど明確な目的がある場合のみ、SIMロック解除をするようにしましょう。

【SIMロック解除対象機種の手続き】画面へ

My Softbankにログイン後、 メニューの中から【契約・オプション管理】をタップします。

契約・オプション管理
SIMロック解除対象機種の手続き

画面を下にスクロールして、《お手続き一覧》の中から【SIMロック解除対象機種の手続き】をタップします。

IMEIを入力する

IMEI番号

画面を下にスクロールしていくと、製造番号(IMEI番号)の入力の項目があるので、SIMロック解除をする端末のIMEI番号を入力して、【次へ】をタップしてください。

IMEI番号の確認方法
IMEI番号

IMEI番号はiOS端末の【設定】>【一般】>【情報】画面で確認できます。

確認画面

確認画面

確認画面が表示されます。問題なければ【解除手続きする】をタップしてください。

手続きが完了する

完了

これで、手続き自体は完了しますが、SIMロック解除ができたわけではありません。もう少し手順があります。

ソフトバンク以外のSIMカードをお持ちの方は、新しいSIMカードに取り替えてください。

他にSIMカードがない方は、バックアップした後、iPhoneのデータを消去して復元すれば、SIMロック解除ができます。

これらの操作方法はAppleのサポートページに説明があるので、そちらも参照して下さい。

新しいSIMカードをセットした場合

新しいSIMカードをセットした場合

ソフトバンク以外のSIMカードを持っている場合は、新しいSIMカードを挿入すると左図の画面が表示されます。

Apple IDパスワードを入力して、【次へ】をタップしてください。

SIMロック解除完了!

SIMロック解除完了!

ホーム画面に切り替わります。左上のキャリアロゴを見てみると、docomoに表示が変わっているのが確認できます。

ちなみに、今回は格安SIMのDTI SIMを挿入してアクティベートしましたが、データ通信・テザリングともに問題なく動作しています。

関連記事

格安SIMの基礎知識

格安SIM メニュー

PICK UP

iPhone 7 最新情報

iPhone 7 最新情報

iPhone se 最新情報

iPhone SE 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPhone 8 最新情報

iPad 最新情報

iPad 最新情報